【2020 発売中】5G対応のスマホまとめ!

0
544

 「5Gのサービスが始まる!」と聞いても、正直なところ従来のサービスとどのような違いがあるのか理解している人はさほど多くはないと思われる。今回は今知っておくべきポイントと一番身近に感じることのできるスマホに注目して最新端末をまとめてみた。

5G対応スマホの特徴

− 5Gスマホは「超高速通信」

 1つ目はおそらく一番身近に感じることができると思われる圧倒的な『超高速通信

 現在4Gスマホの最大速度は0.1~1Gbpsである。それが5Gスマホになると、なんと10Gbps。最大で100倍まで向上します。例を上げるとすると今まで4Gスマホだとアプリのダウンロードに30秒かかっていたものが0.3秒になる。ようするに意外とイライラしてしまいがちな、スマホ操作における「待つ」という動作が無くなることになる。

− 5Gスマホは「超低遅延」

 2つ目はこれからの新時代と言われる理由となっている『超遅延』について。

 これまでいくら技術が発展しようと“ラグがある”や“時差がある”と言われるような、距離場所などの環境による通信の遅延が存在していた。これが5Gとなると今の1/10の1ミリ秒以下と超低遅延となる。どんなに離れているような場所でも、目の前で話しているのと変わらない世界になるということになる。

 先程の超高速通信にこの超低遅延が加わると、車の自動運転が本格的に可能となってきます。今までの4Gだと100キロで走っている車にブレーキをかけると実際車へは、1m以上進んだ後にブレーキがかかります。車を運転する人ならよく分かると思いますがそれでは危険であるため実用化はできませんが、5Gとなるとそれが約3cmに短縮されます。  

 車を例に上げましたがようするにSF映画で見ていたような世界が可能となるということです。

5G対応スマホ“買い”のタイミング

− 現在発表されている最新5G対応スマホ

 5Gサービスの開始に合わせて、5G対応スマホが各キャリアからこれから続々と発売される。現在の最新端末は下記の機種がある。

 30倍望遠が可能なクアッドカメラ搭載 サムスン『GalaxyS20,GalaxyS20+

GalaxyS20
SAMSUNG “GalaxyS20,GalaxyS20+”

 5G対応スマホとなっているのはもちろん、データ容量が大きい映像や写真も高速でシェアできるため。約6400万の高画素撮影が可能となり30倍望遠+Tofを搭載。他には広角、超広角、8K撮影も可能になっている。

 プロ向けとなる技術を搭載 ソニー『Xeperia1Ⅱ

Xperia1Ⅱ
SONY “Xperia1Ⅱ”

 超ワイドディスプレイに一眼カメラで培ってきた機能を搭載。超広角、広角、望遠+Tofに加え「瞳AF」ほか、本格的に撮影が可能となるカメラアプリを用意している。5G対応スマホの中でもトップクラスのカメラ性能を誇る機種になっている。

 8Kビデオ撮影に対応したAQUOS初の5Gスマホ シャープ『AQUOS R5G

AQUOS R5G
SHARP “AQUOS R5G”

 標準、望遠、広角、Tofを含めたクアッドカメラを搭載。ディスプレイ部分には省電な上、高精細な「ProlGZO」を使用している。撮影した映像を5Gを使ってシェアしてデレビなどに出力することもできる。

 この他にも有力メーカーが続々と5G対応スマホを発表している。

5G対応の折りたたみスマホ ファーウェイ『Mate Xs

Mate Xs
HUAWEI “Mate Xs”

カバーがそのままディスプレイとなる LG『V60 ThinQ 5G

V60 ThinQ 5G
LG ”V60 ThinQ 5G”

5G対応スマホの中でも比較的に値ごろ感のある ZTE『Axon 10Pro 5G

ZTE ”Axon 10Pro 5G”

 5G対応スマホの多くは高速処理が可能なCPUを搭載しているため、3~4つの高性能カメラが搭載されているものが多くなっている。また高速処理によりバッテリー消費が早くなるため、これまでとサイズ感が変わらないにもかかわらず大容量バッテリーとなっている。

− 5Gの課題

 続々と5G対応スマホのサービスが発表されている中、2020年頃からが5G の時代になるであろうと予想されている。

 しかしスマホだけに注目するとそこまで変わらない可能性があるとの見解もある。というのも、5G対応エリアが急速に拡大するのは確実だと言われていますが「5G」とスマホに表示されるものの本当に高速通信低遅延なのか別の話であり、キャリアによって差が出てくると予想されているからです。

5G基地局

 基地局の拡大に関して、KDDIは4Gを磨きつつ5G基地局を作っている状態だと予想され、ソフトバンクは子会社と組み合わせて前提的に快適なネットワークを作ろうとしていると予想されているからです。ドコモに関しては細かく5G基地局を増設していくと予想され、実際5Gで映像を伝送する実証実験をしており、これからも積極的活用していくと噂されています。

 このようにキャリアやエリアによって5G対応でありながら4Gよりも速度が少し早い程度。というエリアが出てくると予測されています。

− 5G対応スマホの買い時

 では5G対応スマホの買い時はいつなのか?そんな疑問が出てくることは誰もが考えてしまうことだと思われます。正直な所「何を求めているか」によって変わってきます。

 新しいもの好きで最新鋭のものが使いたい人であれば「いますぐ」買うべきです。現在発表されている機種も4Gモデルに加えて高性能であることは確実であり、買った後に後悔することはまずないと思います。

 Appleユーザーに関しては5G対応のiPhoneの発売が秋頃と予想されているため「9月頃まで待つ」のも一つの手だと言われています。発売予想の記事に関してはすでにまとめ記事を掲載しているためこちらを見ていただければある程度は理解できると思われます。

 急いでいない人であれば「来年以降まで待つ」のが得策だと思います。各社まずはハイスペックなモデルが5G対応スマホとなっていきます。ミドル~ローモデルに関しては、来年には5G化されると予測されているため、急いでいないのであればライナップが充実してくる来年の買い替えでも問題ないと思います。

 今後も5G対応スマホに関して各社が次々と発表していくこと予想されるので、中には予想を遥かに超えるような発表が特にAppleが発表する5G対応iPhoneを期待が持てる。またそれを受けて5G市場が今後どのように変わっていくか楽しみです。

返事を書く

Please enter your comment!
お名前はこちら