「ORION PARKA」新素材で-40℃も耐えられる?米国初のおしゃれなジャケット

0
2101
ORIONPARKA スタイリッシュ

冬ってヒートテックやダウンコートが欠かせないですよね。
筆者は結構寒がりなんで、毎年12月くらいからヒートテックの極暖を2枚重ね着しています。(意味ないらしい)

そんな寒がりが歓喜するアイテムがアメリカから来日しました。
その名もORION PARKA(オリオンパーカー)。
宇宙船や宇宙服の断熱材に使われている「エアロゲル」と呼ばれる素材を使用したジャケットです。
なんとこのジャケット、-40℃の冷気も通さないとのこと!
一体どんなジャケットなんでしょうか?

ORION PARKA

実はこの商品、2015年にKickstarterで8000万以上を集め大成功したプロジェクト!
アメリカのOROS社が開発したORION PARKAは、
宇宙服や宇宙船の断熱材として使われ、高い断熱性を誇る「エアロゲル」を生地に組み込むことで、薄くて防寒性に優れたジャケットが誕生しました。

エアロゲルとは?

Wikipediaによるとエアロゲルとは、「ゲルに含まれる溶媒を空気に置換した多孔性の物質」らしいです。
チョコレート菓子のエアロをイメージするとわかりやすいかも知れません。
このお菓子は中に無数の穴が空いていて、スカスカの多孔構造です。

エアロゲルも目に見えない微細な穴がいくつも空いている多孔構造で、
このいくつもの穴に入った空気が、熱の伝導を抑えてくれます。

エアロゲルの95%は空気みたいですよ。

エアロゲルの性能

エアロゲルの断熱性はグラスウールの3倍以上で、地上最強の断熱材とも言われています。
しかも超軽量で透過性もあるので、窓ガラスを含めた建築物の断熱材として使用でき、
光熱費の大幅な削減にもつながると言われています。

製造には莫大なコストがかかっていた

1931年にアメリカで開発されたエアロゲルですが、当時は製造コストも高く、今よりも脆かったため、NASAや軍といった一部の機関でしか取り扱うことができませんでした。

近年、丈夫に、安価に製造できる方法が誕生したことで、エアロゲルの活用に話題が集まっています。

特許技術「ソーラーコア」

OROS社は服への応用を可能にするため、エアロゲルを衣類に応用できる形で加工する新しい技術「ソーラーコア」を開発しました。

ソーラーコアを使った断熱生地は、その薄さ3ミリにも関わらず、なんとマイナス229℃の冷気を浴びても、内部を31℃をキープできるとのこと!
すごいですね!

ジャケットとしての機能も申し分なし

防寒の話ばかりだけど、見た目や他の機能はどうなの?と思うかもしれません。
ORION PARKAは申し分なしのビジュアルと機能性を持っています。

どこでも使えるシルエットとデザイン

ミドル丈と細身のアームによって、流行り廃りのないシルエットが実現。
年齢問わず、都会からアウトドアまで、幅広く使えるデザインです。

ダウンと比べて薄い生地

ダウンコートはその構造上、どうしても生地に厚みが出てしまいます。
動きにくかったり、野暮ったくなったり、特にリュックとの組み合わせは最悪で、着ているだけで窮屈な思いをすることになります。

その点ORION PARKAは薄くても防寒性を確保できるので、薄い生地で動きやすく、また、ダウンには出来ないスタイリッシュさを作り出せます。

耐水圧20,000mm

ORION PARKAの表面耐水圧は20,000mm
一般的にこれは、嵐にさらされても全く浸水しないことを意味します。
厳密に言うと、1cmの四方の支柱を立てて、その柱に水を入れたときに20,000mm (20m)の高さまで耐えられます。(JIS規格)

傘の耐水圧が約250mm、本格的な登山用のレインウェアが20,000mm以上と言われています。

ほぼ防水なので、食べ物をこぼして汚れたときなんかは、すぐに水をかけることで綺麗になります。

手首のインナーとアジャスタブルフード

袖には風邪や雪が侵入しないようインナーが搭載。
さらにフードにはアジャスタブル機能がついており、紐を引っ張れば巾着のようにフードを締めることができます。

ウィンタースポーツやハイキングでもがっつり使える1枚です。

通気性もバッチリ

ソーラーコア生地は通気性に優れているので、蒸れにくい構造です。
街で使うとき結構便利です。

ポケットも豊富

外ポケット3つに内ポケット2つが付いています
内ポケットの一つはタブレットも入る大きさ!これ地味に便利です!

豊富なサイズ展開

サイズは豊富で、なんとXS〜3XLまで展開しています。
メンズはブラック、ダークブルー、カーキの3色、レディースはブラック、グレーの2色が用意。

欲しい方へ

定価46800円のところ、38,800円で購入可能
Machiya by Campfireで支援募集しています。

カラーによってはすでに在庫切れかもしれないので、欲しい方は急ぎましょう!

ただ、これ注意点があって、届くのは1月末とのこと、
それまでは今持っているコートで耐えるしかありません、、、

うーん、欲しい、、、

Source:Machiya by Campfire ORION PARKA

返事を書く

Please enter your comment!
お名前はこちら