睡眠グッズの最先端!最新の睡眠ガジェット!

0
1122
最新睡眠サポートガジェット

寝付きにくい、寝起きがつらい、睡眠不足、といった睡眠に関する悩みは誰しも1度は経験したことがあると思います。
睡眠に関する悩みは慢性的で、環境の変化で起こる現代病のようなもの。 デジタルの普及によって刺激の多い現代では、根本解決はなかなか難しく、睡眠環境の改善が各々で行う必要があります。
睡眠をサポートする睡眠グッズなるものは多く登場していますが、
睡眠グッズの中でも、最新技術が詰まった「睡眠ガジェット」をご紹介します!

目次

睡眠不足をサポートするガジェット

睡眠不足の影響

睡眠不足による身体への影響はとても深刻で、
肥満、糖尿病、老化、免疫力の低下、ガンや心臓病の発症といった身体的な影響に加え、
うつ、不安増加、ストレス増加、記憶力低下、パフォーマンス低下といったメンタルへの影響も確認されています。

Source:あらためて「睡眠不足」の科学的なデメリットをずらずらと並べてみる パレオな男

睡眠が不足してくると、目に見えて調子が悪くなるので、体に良くないことはなんとなくわかっていましたが、改めてデータでその影響を確認すると睡眠の重要性がよくわかります。

また、日本は睡眠時間が少ないことも有名で、
OECDの調査によると、欧米諸国の平均睡眠時間が8時間30分以上だったのに対し、日本は7時間43分と0.75時間ほど短かく、世界水準と比べると日本はかなり低い水準です。

睡眠不足の原因

睡眠不足の原因は人によって様々なので、一概に言及できませんが、
おそらくほとんどが、下記に当たるのでは?と考えます。

寝る前のスマホ

やはり睡眠不足で一番多いと思われる原因はこれでしょう。

スマートフォンのブルーライトを浴びると人間の脳は覚醒状態を続けます。
これにより入眠に必要な睡眠ホルモンである「メラトニン」の分泌量が減っ
てしまうため、ずっと覚醒して眠りに付けない、といったことが起こります。
起きる時間は変わらないので、結果として睡眠不足になってしまいます。

ちなみに、ニューロスペース社が行った、20代〜50代の男女800人への睡眠アンケートで、睡眠不足の原因第2位は「寝る前のスマホ」だったとのこと。

Source:neurospace

仕事や勉強で忙しい(時間がない)

仕事や勉強に忙殺されると、どうしても時間が足りなくなってしまいます。
効率化による時間短縮はすぐに出来るものではなく、
今すぐ、簡単に時間を作りたい時に便利なのが、「睡眠を削ること」

何も考えなくても時間が作れるし、少しくらい睡眠を削っても影響が無いと思ってしまいがち。
1度や2度であれば元の生活リズムに戻せますが、忙しさから何日も睡眠時間を削ってしまい、気付いた時には睡眠不足になり、眠気や集中力低下といった症状が現れます。

これは誰しも1度、経験があるはず。

ストレス

ストレスや悩み事でなかなか寝付けない時、体にはコルチゾールと呼ばれるホルモンが分泌されています。
コルチゾールが分泌されると、体の中では様々な変化が起こります。

血糖値が上がり、アドレナリンが心臓の鼓動を早くし、血管は収縮、
これにより体は、ストレスや敵に対して備える緊張状態になります

本来このメカニズムは外敵と戦う時や、日中活動する時に機能します。
ストレスが多いと、体は常に興奮状態。寝る前まで興奮状態だと、寝付けないのも当たり前ですね。

筆者も経験あるのですが、これって気がつくと、悩んでたことよりも睡眠不足そのものがストレスの原因に変わったりします。

まさに負のループです。

睡眠不足改善のために

睡眠不足の改善には、自分の睡眠不足の原因をしっかり把握して、それに対処することです。
前述した寝る前のスマホをやってしまうなら、スマホをベッドから手の届かないところに置く、とか
睡眠時間の優先順位を高くしてスケジュールを組む、などなど、、、

しかし、すぐに環境を変えるのってなかなか難しいですよね。
そこで今回は、睡眠環境改善をサポートしてくれる最新ガジェットをご紹介したいと思います!

【OuraRing】毎日の睡眠をトラッキング

OuraRingは指にはめて使う、ウェアラブルトラッカーです。
心拍センサーやジャイロセンサーなどによって、体の活動をトラッキングします。

OuraRingのすごさは、トラッキング精度の高さ!
スタンフォード大学による、OuraRingと医療器具の比較研究では、
医療機器との誤差96%で睡眠時間をトラッキングできたとのこと。
※精度60%前後の項目もあるため、検査内容によってばらつきがあります。

ちなみにこのOuraRing、理論上はAppleWatchよりもあるとのこと。

アプリから様々なステータスを確認できる

スマホアプリからはトラッキングしたデータの閲覧はもちろん、AIによる最適な睡眠計画の提案もしてくれます。

また、睡眠だけでなく、運動量もトラッキングするため、1日で消費したカロリーなど、日中のアクティビティも確認できます。

詳しくは関連記事へ!:【Oura ring】睡眠の質を教えてくれる!リング型ウェアラブルデバイス

定価299$〜
詳細と購入は:ouraring.com

【LUNNA】脳波を測定するアイマスク

OuraRingは指につけるデバイスでしたが、LUUNAはアイマスクの形をしたデバイス!
最大の特徴は脳波の測定とスピーカーによる入眠と起床のサポートです。

睡眠中の脳波をリアルタイムで測定。
これにより睡眠の質・深度(レム睡眠・ノンレム睡眠)を測定します。

アラームの直前の最も浅い睡眠(レム睡眠)の時にアラームによって起こしてくれます。
また、深い眠りに入る前に起こしてくれるパワーナップモードも搭載されています。これは10〜20分の仮眠にぴったりです。

専用スマホアプリからは睡眠だけでなく、
瞑想や集中力アップするためのトレーニングが行えるコンセントレーションモードも搭載されています。

本体定価18,200円(税抜)
詳細と購入は:LUUNA ウェザリー・ジャパン 公式ショップ 新しい眠りと健康を世界から

【Sleepion3】音、香り、光で入眠をサポート

「Sleepion3」は、音、香り、光で入眠をサポートするガジェットです。

クラシック、自然音、オリジナル音源を含む15種類の音源で入眠をサポート。
スローテンポな曲や音源で副交感神経を優位にし、リラックス状態を作りだします。

香り

14種類のアロマオイルが閉じ込められたリングシートが用意されており、
標準では睡眠に有効なラベンダー・ゼラニウム・ベンゾインが同梱されています。

アロマシート1枚で約5〜6日間(1日8時間)持ちます。
補充用シートは10枚で1,800円(税込)と高コスパです。

ローソクの火を再現したゆらぎの明かりによってリラックス効果を発揮します。
消灯しても使えるので、光が苦手な方も安心です。

購入

東急ハンズ新宿店と伊勢丹新宿店の2店舗で実機を確認できます。

本体価格は¥9,800(税別)
カートリッジは¥1,800(税別)

詳細と購入は:自然な音、天然の香り、安らげる光。 快眠サポートツール「Sleepion3」

【Inti4】話題のウェイクアップライト

Image:ムーンムーン株式会社 Inti4

某テレビ番組でも特集され話題となったこのアイテム、
「ウェイクアップライト」というジャンルで、じわじわ人気になっております。

目覚まし時計は通常、音によって起こしますが、ウェイクアップライトは光によって起こします。
これは朝日を浴びて自然に起きる、という環境を作り出いています。

朝日を浴びて起床する場合、眠っている間から体が活動に向けて準備してくれるため、アラームによって強制的に起こされるのと違って、スッキリ目覚めることができるという仕組みです。

これは朝、日の光を浴びると、睡眠ホルモンである「メラトニン」の分泌が抑えられ、代わりに活動に必要なホルモン「セロトニン」が分泌される、という体内の反応を利用しています。

ライトを顔に向けて置き、アラームをセットするだけ

起きる時間を指定し、照明部を顔に向けて設置するだけ。
あまり距離があると光が拡散し弱くなるので、20cm以内に配置することを開発者は推奨しています。

最大20,000ルクスで光る照明は紫外線フリーなので、肌へのダメージを気にせず使えます。
念のための大音量アラームも搭載されているので、絶対に遅刻できない日につかてみてはどうでしょうか。

メディアで話題!購入は公式HPから

マツコの知らない世界や目覚ましテレビ、日経トレンディやMONOMAXといった様々なメディアに取り上げられています。
著名人で使っている人もおり、人気商品です。

定価27,700円
少し高いですが、気になる方は下記公式HPまで

購入と詳細は:ムーンムーン株式会社 Inti4

【mornin’ plus】自動でカーテンを操作

「Inti4」は日光を再現する目覚ましのウェイクアップライトでしたが、
「mornin’ plus」はカーテンを自動開閉し、日光を浴びさせてくれる装置!
カーテンレールに取り付けるだけで、あらかじめ決めた時間にカーテンを自動開閉してくれます。

Bluetoothで接続。自動で開閉

カーテンレールに取り付け、スマホとBluetooth接続。
決められた時間に動作を設定するアラームモードでは、開ける動作と閉める動作を分けて設定できます。
また、遠隔操作による開閉も可能で、1台のスマホで最大4台まで操作できます。

※WiFiには対応していないため、外出先でのリアルタイムの操作対応していません。はあらかじめ設定した時間に合わせて開閉することは可能です。

単3電池3本で、半年持つ

公式サイトによると、単3アルカリ乾電池で約6ヶ月の使用が可能とのこと。
電池交換とか充電とか、意外とめんどくさいので、半年何もしなくていいのはかなりグッドなポイントではないでしょうか。

ちなみに、動作時以外はローラーの動作はフリーなので、手動でカーテンの開閉ができます。

シンプルだけど結構便利

すっごいシンプルな機能だけど、睡眠改善には大きな効果を発揮してくれます。
窓を開ければ朝日が入ってくる。そんな恵まれた環境にいる方はぜひ利用してみてください。

購入と詳細は:めざましカーテン mornin’ plus (モーニンプラス)

睡眠不足は誰でも起こる

刺激の多い現代では睡眠不足は誰でも起こるもの。

筆者も年に1度は睡眠不足に悩まされます。
2週間くらい試行錯誤してなんとか元に戻すのですが、睡眠不足のパフォーマンスへの影響が目に見えてわかるので、その期間は本当に辛いです。

もっと早く、こういったガジェット早く知っていればよかったです。
Mornin’plusの購入を検討中です。

返事を書く

Please enter your comment!
お名前はこちら