「ModiusSleep」脳に電気を送って睡眠を改善するガジェット

0
183
ModiusSleep 本体

睡眠をサポートするサプリやアイテムは色々ありますが、「ModiusSleep」は全く新しいアプローチで睡眠をサポートする、最新ガジェット。
米国のクラウドファンディングサイトIndigogoで登場したModiusSleepは1000万円を超える人気プロジェクトとして注目されています。

Modius Sleepとは?

睡眠の悩みを改善するための、睡眠サポートアイテムは、様々なアプローチ方法で睡眠改善をサポートしてくれます。
睡眠をトラッキングしてくれるアプリやウェアラブルデバイスであるApplewatchもその一つ。
「Modius Sleep」は全く新しいアプローチで睡眠改善をサポートしてくれる最新ガジェットです。

寝る前に装着するだけ

ヘッドギアのように装着するだけで使える
Image:Indigogo – Modius Sleep

「Modius Sleep」を頭に装着、電極部を耳の後ろに貼り付け、
就寝前の30分間使用するだけで睡眠をサポートしてくれます。

開発者について

開発しているのは、イギリスの神経科学の研究者ジェイソン・マッケウン博士が率いるNEUROVALEMS社。
リサーチアソシエイトとして、カルフォルニア大学やクイーンズ大学と提携しています。

過去に開発した、食欲をコントロールするデバイスの「Modius SLIM」は、Indigogoで200万ドルを調達し大成功したプロジェクト。
「Modius SLIM」は様々な賞を受賞し、BBCやForbes等大手メディアにも取り上げられた実績を持っています。

仕組み

視床下部は多くの神経核から構成されている脳の一部です。
睡眠と覚醒のコントロールを行っている部位で、その他にも体温や食欲、性行動、ストレスなども調整しています。

Modius sleepは電気信号によって視床下部に働きかけ、概日リズム(体内時計)と睡眠パターンに影響を与えることで、睡眠の質を向上させます。

実験

開発者は、被験者に対し、初めの2週間は普段通り睡眠を行ってもらい、残りの2週間は就寝前にModius sleepを30分間使用して睡眠を行う、1ヶ月の実験を行いました。

実験結果は以下の通りです。

Modius Sleepを使用した後は
・参加者の95%が、睡眠スコアが改善した
・参加者の85%が睡眠に満足したとアンケートに答えた
・参加者の75%が日々のパフォーマンスが向上したと答えた

実験結果
Image:Indigogo – Modius Sleep

とりあえずお試しができる

お試しが可能です。
Image:Indigogo – Modius Sleep

こういったガジェットって、本当に眠れるか心配ですよね。
Modius社では、45日間のうちに睡眠が改善しなかった場合、全額返金で返品対応するそうです。
細かい返品条件や質問もなし!
開発者の自信の表れですね。

ISO13485取得の安心設計

Modius Sleepは医療機器の品質を保証するための国際規格「ISO13485」に準拠した設計。
カナダ・ヨーロッパ・オーストラリアなど、様々な国で「ISO13485」を推奨している規格で、設計・製造プロセス・製品品質など厳しい規制をクリアしている企業が認証取得可能な規格です。

製品仕様

・80gと超軽量

本体重量はわずか80gと超軽量なので、持ち運びにも便利です。

・最大5日間使用可能なバッテリー

本体に搭載されたリチウムポリマーバッテリーは、1回の充電で最大5日間使用することが可能です。
充電の際は本体のMicroUSBケーブルから、満充電まで約90分となっています。

・Modiusアプリ

専用のアプリケーションから本体の操作をしたり、使用したログを閲覧することが可能です。

クラウドファンディング後は製品化

米クラウドファンディングIndigogoではすでに目標金額の2倍以上の12万ドルの調達に成功しています。
同社の過去製品であるModius SLIMはクラウドファンディング後に製品化され、現在は公式HPから購入が可能となっています。

Modius Sleepも製品化の可能性が高く、少し様子を見たい方は、Indigogoの購入者のレビューを待ってから購入するという方法でもいいかもしれません。

Source:公式HP/Indigogo

返事を書く

Please enter your comment!
お名前はこちら