【eVscope】都市部でも本格的な天体観測が可能な最新望遠鏡

0
537
eVscope

米クラウドファンディングで大成功した、望遠鏡「eVscope」が日本上陸!
光学技術とITが融合した特許技術によって、光害の多い都市部でも集光可能!
Wi-Fiをつなげることで天体を自動で追尾したり、専用のアプリから遠隔操作や観測といったことが可能に!
ITの融合によって進化した、最先端の望遠鏡です。

独自技術「Enhanced Vision (エンハンストビジョン)」

Image:CAMPFIRE-eVscope

暗闇の中のわずかな光も感知するソニーのイメージセンサーIMX224を使った集光技術と、独自に開発した画像処理アルゴリズムの2つの技術で特許を取得。
この技術により、光害の影響が強い都心部などでも天体観察が行え、
ベランダや公園などで、気軽に星を楽しめます。

AFD機能で自動で星を追跡

Image:CAMPFIRE-eVscope

AFD(自立フィールド検出機能)は、eVscope本体の位置情報や投影角度を、天体の座標データベースと照らし合わせることで、写っている天体を正確に把握し、自動で焦点を合わせてくれます。

天体コミュニティ

SETI 協会(地球外知的生命体探査)を中心に天体観測のコミュニティに参加することで、観測した映像を共有したり、コミュニティのイベントに参加することもできます。

世界中のeVscopeが観測したデータを分析・研究することで、未知の惑星や天文現象の発見に貢献が期待され、天文学の進歩に繋がる仕組みとして注目されています。

アプリから観察・操作ができる

専用のアプリケーションを使用すれば、アプリからeVscopeのコントロールしたり、ライブビューイングも可能。
天体を選べば、AFD機能によって自動で天体を追ってくれます。

日本でもすでに大人気

アメリカのクラウドファンディングサイトCAMPFIREで大人気を収め、
ついに日本に上陸したeVscope
CAMPFIREではプロジェクト開始からわずか1日で1300万を超える支援を獲得しています。

また、実機がPARCO渋谷店で体験できます。
住所:東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO 1F

クラウドファンディングでは早割を実施中。
12月14日現在、¥279,800から支援可能です。

購入と詳細:CAMPFIRE-eVscope

返事を書く

Please enter your comment!
お名前はこちら