本来の50%しか重さを感じないバックパック【Able Carry】

0
1625
able carry

KICKSTARTERで1200万円もの支援を集めた「Able Carry」。
A-FRAMEと呼ばれる独自の技術によって、本来の50%しか重さを感じない最新のバックパックが日本に上陸しました。
その機能性とデザイン性の高さから、CAMPFIREでは公開から半月ほどで目標金額の800%を超える、260万円以上の資金を集めています。

50%しか重さを感じない「Able Carry」

「無重力バックパック」をコンセプトに香港の小さなチームが生み出したAble Carryは、「重さを感じない」ことにフォーカスした世界初のバックパック。

軽さの秘密はA-FRAMEと呼ばれる独自の技術。
左右のストラップを1本に繋げ、バックパック下部でA字型に縫い合わせることで、バックパックの揺や動きを大幅に軽減
さらに底面の縫い合わせの構造を工夫することで、重さを均等に分散させます。
本体を薄く、幅広に設計することで、重量をなるべく体に近づけ、垂直方向に力がかかるように設計。

こうした工夫により、体感重量はなんと50%も減るとのこと!

able carry 軽く感じる構造
Image:CAMPFIRE Able Carry

普段使いにバッチリな見た目と素材

able carry 使い勝手抜群
Image:CAMPFIRE Able Carry

本体の素材にはナイロンの7倍の強度を持つCORDURAを、
ファスナーはー世界シェアNo1のYKKの防水ファスナーを採用。
機能的で耐久性に優れ、シンプルで使いやすいデザインは普段使いに最適です。

20Lと容量は少なめ、だけどそれがいい

able carry 20Lだけどボリューミー
Image:CAMPFIRE Able Carry

本体の容量は20Lと少なめですが、幅広な設計のおかげで男性が背負っても一般的な45Lレベルのバックパックと同じサイズ感を実現しています。

ポケットも豊富

PCスリーブやスマホ用のオープンポケットは一般的ですが、ペットボトルや傘が入るフロントポケットはあると結構便利です。

色は6種類、オプションで防水カバーも

ブラック、オリーブ、ネイビー、ベージュの4色と、カモフラ柄、艶のあるネイビーの合計6色展開。
※色によって素材が少し異なります。

オプションとして防水カバーや収納ポーチ・カードケースも用意されています。

CAMPFIREにて、早割11,800円〜

定価14,800円と、元々コスパの高いバックパックですが、
CAMPFIREにて早割では11,800〜支援できます。
お届け予定日は2020年2月。

CAMPFIRE Able Carry

欲しい方はお早めに!

Source:AbleCarry/CAMPFIRE Able Carry

返事を書く

Please enter your comment!
お名前はこちら