花粉対策でも注目。空気清浄機おすすめ 8選

0
334

ここ最近の世界中で猛威を奮っている新型コロナウイルスの対策として期待されている空気清浄機。またかぜや花粉の対策としてもおすすめされ空気清浄機の需要が伸びており、特に1〜3月にかけて前年比の約1.5倍近くの売れ行きともいわれています。今回は、各社が発売している空気清浄機の選び方やおすすめの商品をご紹介させていただきます。

空気清浄機の種類と特徴

実は空気清浄機には種類がいくつもあること知っていますか?

簡単に種類分けをすると4種類あり、各種向き不向きの用途があるので目的に応じて使い分けることがおすすめです。そのため何を目的として空気清浄機を求めているかで適切な空気清浄機が変わってきます。この後の空気清浄機選びのポイントとも関わってくるので、ぜひこちらの記事を読んだ上で何を購入するかを検討していただきたいです。

空気清浄機


まず誰もがイメージするあろう空気清浄機がこちらです。空気を吸い込んで内蔵されているフィルターに通し、空気中のホコリや花粉, ハウスダストなどを除去して空気をきれいにするのが目的です。集塵機能に特化したおそらく一番シンプルなタイプの空気清浄機です。

余計な機能が搭載されていないことで中にはコンパクトな空気清浄機が多く、それによって少ない手入れの箇所であることも特徴の一つです。空気清浄機の中では定番の種類になりますが、製品によって脱臭フィルターや集塵の性能。風量や吸い込み方の違いで値段や用途が変わるので各社によって差が出ます。

加湿空気清浄機


先ほどの空気清浄機に加湿機能を搭載した種類です。空気清浄をするだけでなく、部屋の湿度を計測しながら自動で調整する機能が搭載されています。そのため集塵や脱臭フィルターの他に加湿フィルターを搭載されています。乾燥が気になる冬にはウイルス対策としても利用でき、春や空きに秋には花粉症対策としても最適な種類になっています。

加湿器と空気清浄機が1つになっているようなものなので、スペースを取らず2台購入することを考えてると低価格で購入することができる空気清浄機の中でも人気の種類の1つです。また除湿機能付きのモデルもあるので年中使うことできます。除湿機能付きの空気清浄機だと大きく重くなってしまうので設置スペースを確保するのが大変なところも特徴です。

空間除菌機・脱臭機


空間除菌と消臭に特化しています。菌やウイルスを中心に強い臭気へ特化しており、人気のモデルだと水道水と塩を電気分解して次亜塩素酸を生成し、室内の空気をまるごと洗うことができます。空気清浄機の中には脱臭機能が搭載されている製品もあるため、空気清浄機との違いがよく疑問視されています。一般的に空気清浄機だとニオイの元となる成分を機内のフィルターに付着させて脱臭する方式を取っています。脱臭機の場合は、ニオイの元となる成分を触媒で分解することでニオイをとるような脱臭の方式を取っています。

ペットと生活しているご家庭や、介護環境に関わるご家庭、タバコのニオイが気になるような環境の方に最適な製品です。空気清浄機や加湿空気清浄機とは少し目的が違った種類になっているので、基本的にホコリや花粉, ハウスダストなどの集塵機能が付いていません。値段も高く数が少ないのですが集塵フィルターが付いている製品が中にはあります。

イオン発生機


こちらもまたよく空気清浄機との違いで疑問を持たれる方が多い種類です。空気清浄機の部分でも説明しましたが、空気清浄機はフィルター等を使用して空気中のホコリや花粉, ハウスダストなどを除去して空気をきれいにするものです。

イオン発生機はプラズマクラスター,ナノイー,マイナスイオンなどを発生させることで、空気中の菌やウイルスの作用や繁殖を抑える効果があります。空気清浄機とはまた別の方法で空気をクリーンにする効果を期待することができる製品です。空気清浄機と違い、機器自体を手入れすることが少なく小型の商品も多くキッチンやトイレ,車内などの狭いスペースにも置くことができるのが特徴です。車載用となるとドリンクホルダーなどに設置できるようにした製品もあり、想像する以上にコンパクトなモデルがあり気軽におけるようになっています。

空気清浄機選びのポイント

空気清浄機選びのポイントの前に上記で上げたように、種類によってその製品を使う目的が違います。そのため本来の空気清浄機としての機能だけを求めているのか。加湿機能としての空気清浄機を求めているのか。ホコリや花粉, ハウスダスト,ウイルス除去を目的とした空気清浄機なのか。脱臭機能を目的とした空気清浄機なのかで大きく変わります。

なので上記の「空気清浄機」「加湿空気清浄機」「空間洗浄機・脱臭機」「イオン発生機」の4種類を理解しておくことを大前提とした上で空気清浄機選びのポイントを2つ紹介させていただきます。

適用床面積


1つ目が「適用床面積」をチェックすることです。おそらくこれがもっとも重要な部分になってきます。空気清浄機は空気を吸う量が製品によって違うため、各種で効果が十分に発揮される広さが違います。部屋のサイズに適した浄化能力を備えたものでないと、せっかく製品を吟味して選び性能が良い機種を購入したのにも関わらず求めていた効果が望めない。という結果になってしまいます。

ちなみに「適用床面積」とは日本電気工業会が定めたものです。日本国内での空気清浄機の性能の差を分かりやすくしたもので「タバコ5本分の煙に含まれる粒子を30分で浄化できる部屋の広さを表したもの」になっています。適用面積が大きい製品だと素早く空気をきれいにできるので適用床面積は、空気清浄機を選ぶ上で重要な指標になります。また加湿機能付きの空気清浄機となると適用床面積が変わってくる製品が多いので注意して確認してください。

お手入れ等の使い勝手


2つ目が「お手入れ等の使い勝手」の部分になります。24時間稼働させておくことが多くなる空気清浄機は製品によって、使い方や清掃の仕方が大きく変わります。加湿機能がついている空気清浄機となると手動での給水になるため、給水タンクの持ち運びのしやすさ,取り外しのしやすさなどが重要となってきます。

特にお手入れの部分では空気清浄機はフィルターを通す清浄方法であるため、フィルターの定期的なメンテナンスが製品寿命にも大きく関わります。ということもあり掃除のしやすさを求めるニーズが多いので、製品によっては誰でも手軽に清掃ができるようになった商品があったり、空気清浄機のフィルターを長期的に使えたりとこの部分でも商品によって差が大きく変わります。

フィルターの種類も「プレフィルター」「集塵フィルター」「脱臭フィルター」「加湿フィルター」「集塵・防臭一体型フィルター」と複数の様々なフィルターがあり、掃除を疎かにすると気づいたときにはカビやウイルス、雑菌がたまり異臭の原因にもなったりします。また値段はその分上がりますが、中にはカビやウイルスの除菌機能が付いており1年中使ったとしても年数回の清掃でも大丈夫な製品もあります。

加湿空気清浄のおすすめ ベスト3

ではそんな空気清浄機の中でもまずは「加湿空気清浄」に関してのおすすめベスト3をご紹介します。順位は筆者が調べに調べ本当にほしいと思った加湿空気清浄機の順位で紹介します!各商品の最後には実際のレビューを引用しておきます!

ダイキン MCZ70W-T除加湿ストリーマ空気清浄機


第1位「ダイキン MCZ70W-T除加湿ストリーマ空気清浄機

こちらは実際に販売している店員さんがおすすめをするような人気の商品で、ダイキンは「ストリーマ技術」というフィルターでキャッチした花粉などのアレル物質や化学物質を分解することができる最高クラスのモデルです。最高の空気環境を作るために除湿,加湿,集塵,脱臭を1台で可能にした製品で季節を選ばず365日使用できます。またダイキンの専用アプリを使用することでスマートフォンで部屋の空気状況を確認でき、電源はもちろんタイマーの設定なども操作できるようになっています。

強力な酸化分解力を備えているため、花粉症に詳しい方であればよく知られている花粉に付着するアジェバンドと言われる大気汚染物質も分解することができます。加えてニオイを抑制することが期待されているプラズマイオンも搭載しているので「空気清浄」と「イオン」の2つの部分で効果が期待できる製品です。

参考価格 約50,000円〜

加湿
適用床面積(空気清浄時/加湿空気清浄時)~31畳/~31畳
サイズ395(幅)×660(高さ)×287(奥行)mm
給水タンク容量約3.6L
フィルターTAFUフィルター
除菌技術ストリーマ、アクティブプラズマイオン
運転音(最小/最大)18dB/54dB

スマホで管理できるようになった事

エアコンと同じようにスマホで管理できるようになりました。したがって室内の湿度等を遠隔で確認し、除加湿できるので便利です。

Amazonレビュー

シャープ KI-LP100-W プラズマクラスターNEXT 加湿空気清浄機


第2位は「シャープ KI-LP100-W プラズマクラスターNEXT 加湿空気清浄機

これもまた店員さんがよくおすすめする人気の商品の1つで、上記の「ダイキン CZ70W-T除加湿ストリーマ空気清浄機」とセットで紹介されることが多い製品です。

シャープは空気清浄機と調べると必ず耳にする「プラズマクラスター」を搭載した製品が人気です。「プラズマクラスター」とは、イオン濃度を高めることで空気浄化能力を大幅に高め、付着するニオイや菌の消臭・除菌にも効果が期待できます。特にこちらの製品だと従来の「プラズマクラスター25000」の2倍の濃度となっているため空気清浄機の中でもトップクラスの人気となっています。唯一性能の高さゆえにかなり高額な空気清浄機となっているところも他との違いとなっています。

参考価格 約100,000円〜

加湿
適用床面積(空気清浄時/加湿空気清浄時)~46畳/~26畳(プレハブ洋室)
サイズ427(幅)×738(高さ)×371(奥行)mm
給水タンク容量約4.3L
フィルターHEPAフィルター
除菌技術プラズマクラスター50000
運転音(最小/最大)21dB/54dB

使い始めて約2週間。空気がキレイです。あと加湿機能重宝しています。 喉・肌等乾燥することが少なくなった気がします。

Yahoo!ショッピング レビュー

空気が奇麗になり、家での生活空間がとても快適です。

Yahoo!ショッピング レビュー

ダイソン PH01-WS 加湿空気清浄機能付きファン Dyson Pure Humidify + Cool


第3位は「ダイソン PH01-WS 加湿空気清浄機能付きファン Dyson Pure Humidify + Cool

こちらは家電売場に行くと必ず目に止めてしまう製品ではないでしょうか?デザインが美しいダイソンの製品でこれまでは加湿空気清浄機としても扇風機としても利用できる製品でした。超音波方式から気化式に加湿方法を変え、さらにタンクの水をUV-Cライトで除菌して衛生面にもこだわった製品になっています。

加えて加湿機能を搭載しているモデルには、加湿フィルターを自動洗浄できる機能も搭載されているのでポイントにも上げていた手入れの手間がない製品になっています。唯一のネックがでかすぎること…レビューにも多く書かれていることですが持ち家の方であれば、デザインもシャープで最高の空気清浄機なのですが1人ぐらしとしてはちょっと。。。

参考価格 約80,000円〜

加湿
適用床面積(空気清浄時/加湿空気清浄時)~12畳(30分)、36畳(60分)/~10畳(プレハブ洋室)
サイズサイズ:312(幅)×923(高さ)×312(奥行)mm
給水タンク容量約5L
フィルターHEPAフィルター
除菌技術プラズマクラスター50000
運転音(最小/最大)27dB/49.2dB

空気清浄のおすすめ ベスト3

次は「空気清浄」に関してのおすすめベスト3をご紹介します。こちらも同じく筆者が調べに調べ空気清浄に関して注目した中で本当にほしいと思った順位で紹介します!

適用床面積(空気清浄時)~20畳
サイズ26(幅) x 26(高さ) x 70(奥行) cm 

BALMUDA バルミューダ A01A
空気清浄機 BALMUDA The Pure


第1位は「BALMUDA バルミューダ A01A 空気清浄機 BALMUDA The Pure

トースターやオーブンレンジで人気のバルミューダには、他の製品にはないオリジナルの技術が利用されています。それが航空機のジェットエンジンの技術を利用した整流翼と呼ばれるファンによる大容量かつ力強い吸引です。公式ページでも「毎分7000リットルの空気を清浄」と豪語しており他に類を見ない協力な性能を搭載した製品になっています。

その強力な吸引力は空気を強引に引き寄せ清浄することができます。

その性能は各メディアでも取り上げられており

空気を磨く手腕は文句なし。花粉除去能力は全製品中No.1でした。

家電好評 2019年4月号

家電アワード2019 WINNER:基本性能も高く、特に「臭い」に強い製品

デジモノステーション

大きく吸って大きく吐く。

これにより部屋全体の空気を大きく循環させている

ギズモード・ジャパン

機能とデザインが両立、完璧すぎる空気清浄機

Precious.jp

このように目が肥えているプロでさえ納得するような製品他のサイトでは実はあまりお目にかかりませんが、筆者としてはこの「BALMUDA バルミューダ A01A 空気清浄機 BALMUDA The Pure」断トツでおすすめです!!!

参考価格 約50,000円〜

高さがありますが小ぶりでとてもお洒落で良いです。

以前はシャープの空気清浄機でしたが、リビング23畳、吹き抜けでガラス窓が多くカビの発生もあり、犬も飼っており、強力な空気清浄を探しておりました、口コミでこちらが最強だということなので...これからが楽しみです。また使用感想追記します。あっ!とにかくシンプルでお洒落です。(ライティングが特にお洒落です。)

以前の空気清浄機にある加湿機能はカビの繁殖が怖くて使わなくなり、空気清浄に特化したこちらは最高です。空気清浄機は基本電源を切ることはないので、このシンプルさがたまらなく良いと思います。

Amazonレビュー

スタイリッシュでかっこいい、使いやすい。これは正直、かなりいい製品だと思います

思ったよりも大きく重く、部屋に置くとそれなりの存在感がある。しかし、デザインは未来的で、とくにライティングが他の一般家電品には見られないほどカッコいい。

インテリアとしても十分。しかも、ライティングは部屋の明るさと連動していて、寝るときとかはしっかり自動でライトダウンされる。このライトダウンのタイミングと減光されていく感じがまたなんともいえない未来感を醸し出していてたまらない。

Amazonレビュー

ブルーエアBlueair Sense+


第2位は「ブルーエアBlueair Sense+

こちらはWi-Fi対応の空気清浄機でアプリをダウンロードすることで遠隔で風量の切り替えができ、別売の「Blueair Aware」と連携することでエアーモニターと呼ばれる空気の見張り番と呼ばれるような機能を搭載することができる。こちらは空気の汚れを感知することで自動で空気清浄機を動かし、さらに空気の測定データを元に合理的に空気を綺麗にできます。

フィルターは独自のヘパサイレントフィルターを使用しており、通常の1枚のフィルターではなく3種類のフィルターを使用して詰まりにくい構造になっています。またこの3種類のフィルターにより除去性能と清浄のスピードがどちらも高くなっています。

Sense+のシリーズの製品はボタンをすべてなくした製品で手の動きで電源を操作できるのはもちろん、3段階の清浄スピードも変更可能なスタイリッシュに操作できるようになっています。

またブルーエアBlueair Sense+を手掛けているのは、モーテン・クラーソン(Mårten Claesson)、エーロ・コイヴィスト(Eero Koivisto)、ウーラ・ルーネ(Ola Rune)の3人によるスウェーデンのデザインユニットCKRでこのスタイリッシュなデザインにより、GOOD DESIGN AWARD,reddot design award, German Design Awardなど各国のデザイン賞を受賞しておりインテリアとしても利用することができることが証明されている製品です。

参考価格 約55,000円〜

適用床面積(空気清浄時)~20畳
サイズ470(幅)×492(高さ)×170(奥行)mm
フィルターセンス用フィルター(除臭カーボン付)
運転音(最小/最大)32dB/53dB

デザインがお洒落

さすが北欧のデザインです。お洒落です。手をかざすだけでON、OFFも触らないので衛生的にも良いと思います。

Amazonレビュー

日本製にはないデザイン

インテリアに馴染むデザインで使い勝手も良好です。シンプルに空気清浄だけ求められている方にはお勧めです。ランニングコストが割高になる点だけ理解が必要です。

Amazonレビュー

チリごみの吸引率が高い

かれこれ2年くらい使っていますが、花粉症の私にはもってこいの商品でした。第一印象として、中にフィルターがついたただの箱の感じでしたが、実際に使用してみるとまるで無菌室にいるような感覚で私の日常生活が劇的に変わりました。

ファンの回転速度が3段階あり、強にするとそこそこ音が気になりますが、センス本来の吸引性を感じ取ることが出来ます。弱にすると、寝る際に音を気にせずにぐっすりと寝れるような静かさの持ち主です。

普段の生活が自然になった気がします。

Amazonレビュー

カドーLEAF 120


第3位は「カドーLEAF 120

こちらは棚や部屋の隅に置いておけるコンパクトで綺麗なデザインであることに注目されています。また360°全方位から吸入でき、なおかつ光触媒技術で集塵フィルターを復活させることができるシステムを搭載しています。フィルター自体も0.09μmの微粒子も逃さない性能であり、他の空気清浄機と比べて値段も手の届きやすい上で 性能,デザインともに満足度が高い人気の製品となっています。

また独自のフォトクレア技術によるフィルターの清掃の機能を搭載しているため、フィルター長寿命化に成功しています。

参考価格 約40,000円〜

適用床面積(空気清浄時)~15畳
サイズ240(直径)×315(高さ)mm
フィルターHEPAタイプフィルター
運転音(最小/最大)26dB/59dB32dB/53dB

上吸い下吐き性能良し

長らくダイキン製を愛用していましたが、インテリアに合わないため、cadoの空気清浄機を購入。

見た目だけで選んだので、最初は上から空気を吸って、下向きに吐くことに驚きましたが、無駄に埃が舞うこともなく印象は良好。

リフォーム施工後、11畳ほどの部屋の空気が埃っぽく淀んでいたのですが、一晩放置しておいたらあっという間に気にならないレベルになりました。

Amazonレビュー

高いだけのことはある。

とてもおしゃれですね。円筒の部分は高級感あふれる加工が施された樹脂です。清浄機能も十分な気がします。

Amazonレビュー

お手頃な値段でおすすめ空気清浄機 ベスト3

そこまで良い性能は求めていないので「とりあえず安くておすすめ空気清浄機が知りたい!」という方も多いと思うのでお手頃な値段でおすすめな空気清浄機を3つ紹介させていただきます。

ダイキンMC55W


第1位は「ダイキンMC55W

こちらは約30,000円〜ほどの値段で今まで紹介した製品と比べると半分ほどの値段になっています。ですがフィルターを何層も配置しているのが通常の空気清浄機の構造ですが、こちらはフィルターを下から積み重ねることで接地面積を縮小するといったコンパクトさも兼ね備えた空気清浄機になっています。そのサイズはなんと高さ50cm!!!それに加えて横幅もわずか27cm!!!このコンパクトなサイズ感のおかげで一人暮らしの部屋でもレイアウトを気にせずにおけるようなデザインになっています。

小さいくなったからといって性能が低いわけではなく、花粉は芯の部分から分解でき排ガスやPM2.5などの微小な粒子も99%除去できるほどの集塵性能が搭載されています。集塵フィルターはストリーマーがニオイを分解するため脱臭能力が続く強力な性能を兼ね備えています。またフィルターが防音壁の役割も担っているので音も静かに感じることができる空気清浄機です。

コンパクトな上、性能も高く、お手頃な価格なためこの価格帯では断トツのコストパフォーマンスを誇る製品なのでこちらを第1位とさせていただきました。

参考価格 約30,000円〜

適用床面積(空気清浄時)~25畳
サイズ270(幅)×500(高さ)×270(奥行)mm
フィルターHEPAフィルター
除菌技術ストリーマ、アクティブプラズマイオン
運転音(最小/最大)26dB/59dB

センサーの反応がとても良いです!

子供が喘息と犬アレルギーと判明して少しでも環境を整えるため購入しました。

犬アレルギーはクラス5です。自分はハウスダストのアレルギーがあります。

設置してから子供の咳が明らかに軽減しています。自分の鼻水と目の痒さもほぼ消えています。

犬と激しく遊び始めた途端にライトが赤になりかなり大きな音で作動します。

自動運転にしていると通常はほぼ音が気にならず、快適に寝られます。

朝の支度で香水をシュッとしただけで激しく動きます。自分はアレルギーが改善されたので買ってよかったです。

Amazonレビュー

シャープKI-LS50


第2位は「シャープKI-LS50

こちらは約38,000円〜ほどの金額で初めに紹介した「 KI-LP100-W プラズマクラスターNEXT 加湿空気清浄機」の下位にあたる性能の空気清浄機です。下位とはいうものの上位モデルと同様無線LAN機能を搭載しておりスマートフォンと連携させることができ、「COCORO AIR」という専用アプリを使用することで運転状況や空気情報を蓄積,分析して使用状況に合わせて自分だけの空気清浄機の設定になります。また「プラズマクラスター25000」を搭載しているため、花粉などの微小な粒子の付着を抑制することができる高い空気浄化能力を備えており、付着するニオイや菌の消臭・除菌にも効果が期待できます。

そしてこの製品が何よりも優れている部分が「循環気流」を発生させることができるところです。室内全体を空気清浄できるよう、部屋全体に風を行き渡らせ設置した場所から遠い部分の埃も集塵することができます。

こちらの製品はプラズマクラスターを搭載しているのにも関わらず、価格に対しての性能が高いた第2位とさせていただきました。

参考価格 約38,000円〜

加湿機能
適用床面積(空気清浄時/加湿空気清浄時)~23畳/~22畳(プレハブ洋室)
サイズ345(幅)×631(高さ)×262(奥行)mm
給水タンク容量約2.5L
フィルターHEPAフィルター
除菌技術プラズマクラスター25000
運転音(最小/最大)15dB/53dB

コロナ退治の味方

携帯で操作が出来、今の状態が携帯で確認出来る所が非常に便利です。

ただ、水のタンクの装着時がもう少し付け易かったら良いと思います

価格.com

中々の傑作機

使っていた機種が古かったせいか、本機は各センサーの反応の良さが非常に目立ちます。

臭いセンサーは元より、部屋のドアを開けて、湿度が下がれば即座に加湿を開始するレスポンスも秀一。

一番感心した点は、やはりスマホから操作出来る利便性や、クラウドAIとの連係で、外出先からでも部屋のエアコンディションや消耗品の交換時期が細かく分かる事。

価格.com

日立 クリエア EP-NVG110


第3位は「日立 クリエア EP-NVG110

こちらは約40,000円〜と安くはない値段ですが、コストパフォーマンスに関してはこちらの空気清浄機もトップクラスの製品になっています。

空気清浄機としての機能が高いのはもちろんですが、自動お掃除機能が付いており空気清浄機の48時間の運転ごとに空気清浄を止め、機内に搭載された「自動おそうじユニット」が動きフィルターの掃除を行いフィルターの埃を除去してくれます。さらに抗菌仕様であるため機内を清潔な状態で保つことができます。この自動お掃除機能のおかげでお手入れは年に1度でも大丈夫ともいわれるような空気清浄機になっています。

さらに運転に合わせて加湿度合いを給水量でコントロールする機能搭載されており、ポンプの構造上フィルターに水が浸らないので衛生面も良い仕様になっています。またその加湿フィルターも水洗い可能でお手入れをする場合も手軽にできるようになっています。

そしてデザインを見てわかるように本体の前面がガラスパネルになっています。高級感があるのはもちろんですが、このおかげで手軽にさっと拭くことができ見た目も清潔な状態を保つことができます。傷がつきにくく強化処理がされているのでガラスパネルが破損する心配がないところにもユーザー目線の製品だと感じます。

こちらの製品はただコストパフォーマンスが高いだけでなく「手入れが手軽」という部分が他の製品よりも優れています。良い空気清浄機を購入したとしてもメンテナンスが行き届いていないと、望むようなパフォーマンスが出ないことが多いです。

そのため手入れが手軽でコストパフォーマンスが高い空気清浄機を探している方にとって最高の製品です。

参考価格 約40,000円〜

加湿機能
適用床面積(空気清浄時/加湿空気清浄時)~48畳/~30畳(プレハブ洋室)
サイズ360(幅)×673(高さ)×291(奥行)mm
給水タンク容量約2.5L
フィルターHEPAフィルター
除菌技術プラズマクラスター25000
運転音(最小/最大)14dB/55dB

ガラスタッチ式なので使いやすいです。

オススメします。

ヤマダウェブコム

16畳程度の部屋で

16畳程度の部屋で使用しています。乾燥を防ぐにはとても便利です。

ただ、タンクの容量がもっと大きかったら、助かります。自動掃除機能もあり、便利です。

ビックカメラ.com

一人暮らしにおすすめ空気清浄機 ベスト3

それでは最後に紹介するのは、今まで紹介してきた空気清浄機以外で数十種類の空気清浄機を調べ見た上で個人的に一人暮らしの方におすすめしたい空気清浄機のベスト3です!

アイリスオーヤマ「RMDK-50」


第1位は「アイリスオーヤマ「RMDK-50」

アイリスオーヤマの製品だということで察した人は多いと思いますが価格が約27,000円〜ととりあえず安い。今まで紹介してきた商品と比べても断トツ。空気清浄機を購入する上でよく聞くのは「いろいろな機能が付きすぎて、なんか高い」「空気清浄機いろいろ調べてみたけどわからん!」っと言う声。そんな方はこれを購入しておけば、性能はもちろん価格に関しても後悔しないといえる製品です。

搭載されている埃センサーも高性能で空気の汚れを常にチェックしているので、素早い空気清浄が可能です。また搭載されているモニターが大きいため表示された数値やバックライトの色で空気の様子がわかるため機械が苦手な人でも使いやすい製品です。

こだわりがある方にはおすすめしませんが基本性能に文句をつけるところもなく、価格がとにかく安い。というところでこちらの製品が1番とさせていただきました。

参考価格 約27,000円〜

適用床面積(空気清浄時)~25畳
サイズ400(幅)×586(高さ)×201(奥行)mm
フィルターHEPAフィルター
運転音(最小/最大)50/60Hz

アイリスオーヤマ「RHF-401」


第2位は「アイリスオーヤマ「RHF-401」

2つ連続でアイリスオーヤマの製品なのでもうおわかりだと思いますが、こちらの価格も約20,000〜円と破格の値段。フィルター自体の価格も2000〜3000円とランニングコストも安い製品になっています。

性能に関しても18畳の空気清浄能力でリビング等の広いスペースでもできるような性能になっています。イオン発生機も搭載していたり, 加湿機能も強力で特に脱臭機能に関しては価格以上の性能を兼ね備えています。

シンプルな機能で性能もベーシックな製品ですが、やはり空気清浄機を低価格でとりあえず欲しいという方や一人暮らしの方にとってはものすごくちょうどいい製品です。

欠点を上げるなら少し見た目がダサいところです。発売されたのも2017年と少し前のモデルになるので最新の空気清浄機のようなスタイリッシュさはありません。ある意味で価格相応なところに落ち着いています。

参考価格 約20,000円〜

適用床面積(空気清浄時/加湿空気清浄時)~18畳/〜10畳
サイズ297(幅)×662(高さ)×285(奥行)mm
運転音(最小/最大)50/60Hz

扱い易いです。

機能性良好。脱臭力をもっと強くしてほしい。

ヤマダウェブコム

音も静かで、全体的に満足

ヤマダウェブコム

値段通り

加湿時の音が気になります。吹出口が後ろの為、壁際には置けません。

ビックカメラ.com

COWAY「AIRMEGA 300S」


第3位は「COWAY「AIRMEGA 300S」

アイリスオーヤマが続いたので値段重視で選んでいるのかた思われがちですが、この製品はとりあえず一人暮らしの家においたらその人の人生が変わるのではないか?と思えるぐらいの製品です。

もしかするとご存知の方もいるかも知れませんが、こちらのCOWAY「AIRMEGA 300S」は世界の40カ国以上で販売されており、なんと年間で計算すると110万台以上も販売しているんです。日本での販売が開始された2019年にはこちらの製品に注目した記事が多数リリースされていました。

人気の理由はこだわりを持って作られているフィルターと風量です。基本性能であるこの部分にこだわり、風邪やウイルス対策の面で見るとトップクラスの性能になっています。韓国では大気汚染が社会問題となり、東南アジアでは感染病や化学物質が問題視されています。そういった地域のユーザーに支持され年間で110万台以上も販売する成果を出しています。

フィルターに「プレフィルター」「活性炭脱臭フィルター」「抗菌GreenHEPAフィルター」を搭載しており、さらに脱臭・除菌効果を持つマイナスイオンを空気中に吹き出すことができます

コンパクトなデザインで置き場所に困らないのはもちろん、インテリアのような美しい形になっているため、一人暮らしの部屋にこの空気清浄機を1台置いておくだけで雰囲気がガラリと変わります。

ではなぜこの製品が3位なのか?と思われるかもしれませんが、唯一のネックが一人暮らしにしては価格が高い製品だったからです。。。そのため今回第3位として紹介させていただきました。

参考価格 約50,000円〜

適用床面積(空気清浄時)〜38畳
サイズ345(幅)×538(高さ)×345(奥行)mm
フィルタープレフィルター、活性炭脱臭フィルター、抗菌GreenHEPAフィルター
運転音(最小/最大)50/60Hz

デザインがよく強力です。

届いたのをみた第一印象は,「デカい」でした.48畳クラスなので予想はしていましたが,体積的にはかなり大きいです。ただし,背は低く,デザインがとても洗練されていてキレイなので,部屋の隅に置けば,ビジュアル的にはまったく問題はありません。

当然のことですが,空気清浄機なので操作性はシンプルで,取説をしっかり読む必要もありません。気になる性能ですが,十分に満足しています。私の場合は,25畳くらいのDLKで使用していますが,毎年2月~5月に悩まされている花粉症についても,晴れて花粉が多そうな日でも,この装置のおかげで,例年より症状が少ない気がしています。風量を大きくすると音はそれなりにしますが,不快なほどではありません。

消費電力も最大で66Wなので,省エネとまでは言えませんが,強力であることと,その結果,花粉症の私にとっては生活が快適になっていますので,コストパフォーマンスは十分によいと感じています。これからも長く愛用できそうです。しっかりした性能を期待されている方には,オススメできる製品です。

Amazonレビュー

お洒落で消臭効果も高い

両サイドに活性炭入りフィルターと、上部から綺麗な空気が排出されるという構造。電源は軽くタッチするだけで反応し、全面のLEDで空気の汚れ具合を可視化。ネイトモードはとても静かで、近くによって耳をすましてやっと聞こえるレベル。

試しに閉め切った部屋でハンバーガーセットを食べてみました。食後は臭いがあるものの、20分後には軽減されている感じ。40分くらいにはわからないレベルにまで消臭してくれました。

あとはフィルターがもっと安ければ良いですね。2枚買うと本体の半分の値段しますので。

Amazonレビュー

いかがでしょうか?ここまで読んでいただいた方であれば空気清浄機に関して一通り理解することが出来たのではないでしょうか?

空気清浄機について調べるととてつもない種類が出てくると思いますが、基本知識を身に着け,どんな種類があるのかを理解していれば、動じることなく商品を選ぶことが出来ると思います!自分にはどんな空気清浄機が適しているのかしっかり調べた上で購入したのであれば後悔することはありません!

まだ購入を検討されている方は、まとめ記事だけでなく企業の公式のホームページをみるとより詳しく商品を知ることが出来るのでそちらもおすすめです。

返事を書く

Please enter your comment!
お名前はこちら