ストレスフルな時代の救世主!瞑想をサポートするウェアラブルデバイス『Muse2』

0
1385
muse

人間関係で悩んだり、仕事の量が多く忙殺されてしまったりと、

ストレスフルな環境の昨今、ストレス軽減や集中力などパフォーマンス向上のために瞑想を行うビジネスパーソンが増えています。

瞑想と聞くと、『スピリチュアルなイメージ』だったり『本当に効果あるの?』といった疑念を持つ方が多いと思いますが

今日、多くの研究機関が瞑想がもたらす様々なメリットについて研究結果を発表しております。

GoogleでもSearch Inside Yourself(SIY)というマインドフルネス瞑想の研修プログラムを導入するなど、企業での活用も広がっています。

瞑想をサポート!? ウェアラブルデバイス 『MUSE』

出典:https://choosemuse.com/

様々なメリットを与えてくれる瞑想ですが、

しっかりと瞑想を行えているか?

自分がどれくらい瞑想状態あるか?

それらを正確に把握するのはとても難しいことです。

ウェアラブルデバイスの『MUSE』では脳波を測定し、そのデータをBluetooth経由でスマートフォンのアプリに送信。

グラフにより瞑想状態を可視化することで、あなたの瞑想をサポートしてくれます。

直感的で簡単な操作

専用アプリのUIがとてもシンプルで、直感的に使えるデザインになっています

出典:https://choosemuse.com/


①お持ちのスマートフォンとBluetooth接続したMUSEを頭に装着

②瞑想時間、瞑想中のBGMを選択してStartボタンを押すだけです

瞑想セッションが終了すると、自動で呼び出してくれます

以下、公式のIntroduction動画です。

出典:Youtube公式チャンネルMUSE

リアルタイムフィードバックとパーソナルデータ

出典:https://choosemuse.com/

意識を一つのことに集中させるのが瞑想ですが、これがなかなか難しいです。

『MUSE』では瞑想中の脳波の変化をリアルタイムでモニターしてくれるので、

意識が分散してしまったり、逆によく集中ができている時など、その時の脳波の状況を雷や鳥のさえずりなどの音でユーザーに伝えてくれます。

これによりユーザーの瞑想体験向上をサポートしてくれます。

脳波の変化はアプリに全て保存され、グラフとして見ることができ、

瞑想時間や瞑想が安定した回数など、簡単なスコアも見ることができます。

MUSEを使った研究

4週間40人を対象にした実験

参加者の半分がmuseを使用、残りの半分の参加者には録音した自然音を聞いてもらい、

毎日同じ時間の瞑想をしてもらいました。

museを使用した参加者達は、そうでない参加者よりも

より大きくストレスの減少を感じたそうです。

参考:https://choosemuse.com/blog/new-study-muse-eeg-benefits/

その他にも公式ページでは様々な研究レポートを紹介しています。

ラインナップ

『MUSE』には⦅MUSE⦆と⦅MUSE2⦆の2種類のライナップがあります。

⦅MUSE⦆

出典:https://choosemuse.com/

こちらがスタンダードモデルです。

価格:199$

測定範囲:脳波


⦅MUSE2⦆

出典:https://choosemuse.com/

こちらのモデルはPPGセンサーやジャイロセンサーを搭載したモデルです。

脳波に加え、体幹や心拍数も測定出来ます。

価格:249$

測定範囲:脳波、心拍数、呼吸、体幹

購入、詳細の確認は公式HPへ

https://choosemuse.com

これをきっかけにあなたも瞑想を初めてみてはいかがでしょうか?

参考・情報ソース:https://choosemuse.com

返事を書く

Please enter your comment!
お名前はこちら