「Minerva」オンラインゲームの暴言を検出するAI

0
159
Minerva

MMOという言葉はご存知ですか?MOBAは?PvPは?これらはすべていわゆる「オンラインゲーム」に関する用語です。オンラインゲームでは、日本全国、ゲームによっては世界中のユーザーと交流することが可能です。しかし、eスポーツなども盛り上がりを見せる中、オンラインゲームで問題となっているのがプレイヤーの「暴言」なのです。

オンラインゲームとはどのようなもの?

オンラインゲームとは、インターネットを利用したゲームのこと。パソコン・スマホ・PS4やNintendo Switchなどのゲーム専用機器で遊ぶことができます。最大の特徴は、同時に多人数でプレイすることが可能なので、リアルタイムでのコミュニケーションが盛んなことです。協力したり、対戦したりすることで、顔の見えないプレイヤー同士は交流を深めていきます。

月額料金がかかるゲームもありますが、無料で遊ぶことのできるゲームも多く、始めるハードルはそれほど高くありません。ですので、プレイヤーの年齢層は幅広く、精神的に未熟なプレイヤーも多く存在することは事実です。また、ユーザーの問題行動だけではなく、ゲームを運営している企業の問題などもあり、長期間運営しているゲームはかなり少ないのもオンラインゲームの特徴かもしれません。

実はゲームの中で不愉快な思いをしたことのあるユーザーは多い!?

オンラインゲームで発生する問題は様々なものがありますが、特に目立つのがプレイヤーのマナー問題です。ゲームにはなれてきたけれど上級者には勝つことは難しい、いわゆる“中級者”プレイヤーが、初心者を狙って攻撃し始める「初心者狩り」。自分の気に入らないプレイヤーやチームをSNSなどのネット上に書き込む「晒し」など、中には裁判や事件にまで発展するものあります。

このようなプレイヤーもマナー問題の中でも一番多いのが「暴言」です。オンラインゲームでは、プレイヤーの交流は、チャットかボイスチャットがほとんど。数日ログインをしなかっただけで「ゲームをやるな」と言われた。協力プレイで少しミスをしただけで罵倒された。顔が見えないからこそ気遣うべきマナーができないプレイヤーも残念ながら多くいます。 そして、そんなプレイヤーを取り締まるために開発されたAIこそ「Minerva」なのです。

Source:ネットゲームでびっくりした他ユーザーの発言「まだ寝るな」「毎日ログインな」

暴言プレイヤーを取り締まるAI「Minerva」が登場

Image:FACEIT

オンラインゲームの暴言問題が頻発する中、登場したのが「Minerva(ミネルヴァ)」です。開発企業は『League of Legends』や『Dota 2』などの有名オンラインゲームタイトルのe-sportsリーグを運営しているFAICEIT。

Minervaとは?

Mineravaとはゲーム内チャットで暴言を投稿する有害プレイヤーを検出し、警告やアカウントの停止を行うAI。いわゆる“荒らし”対策に開発。今年2019年8月後半より人気シューティングゲーム『Counter-Strike: Global Offensive』で試験的な運用が実施されました。

Minervaが開発された理由

Minervaを開発した理由として、FACEITはeスポーツのコミュニティから「すべての試合を見る公平な管理者がほしい」という要望に応えたものとしています。特に、eスポーツの中でも人気の高い『League of Legends』や『Dota 2』は、敵・仲間関係なく暴言を吐いてくる“荒らし”が多いとして、辞めていくプレイヤーも少なくありませんでした。

Minervaは暴言をどのように検出する?

FACEITの発表によると、Minervaは事例となるデータを何度も学ばせる、いわゆる“機械学習”を通して、暴言とはどのようなものか判断できるように開発されています。Minervaの開発をサポートしたのは、あのGoogleとインキュベーターのJigsaw。サポートのメンツだけでも、その精度に期待してしまいますよね。

※インキュベーターとは、起業家やこれから起業を希望している起業家の卵たちを支援する個人や企業のこと。

Minervaで暴言プレイヤーはいなくなるのか

一ヶ月半のテスト運用期間中、Minervaは約700万件以上のメッセージを有害なものとして検出しました。そして、そのうちの約9万件に関してプレイヤーに対して警告約2万件に関しては、該当するアカウントの停止措置を行っています。

その結果、8月に比べ9月における有害メッセージの件数は、約230万件から20%程減少した約180万件に減っています。今後、Minervaは暴言などのテキスト監視だけでなく、様々な不正を検出できるよう改善されていくということです。

人気タイトルになればなるほど、そのプレイヤー数は大規模なものになります。そうなると、人の手ですべて対策していくことは、もはや不可能と言えるでしょう。将来的には、オンラインゲームはMinervaを始とするAIによる管理体制が当たり前になってくるかもしれません。

ネットモラルの向上に期待 

悪質なプレイヤーがいては、せっかくのゲームも楽しめなくなりますよね。Minervaのような“公平な”監視システムは、ほとんどのプレイヤーにとってはありがたいシステムではないでしょうか。暴言や不正行為のない楽しいプレイができるように、今後のMinervaのようなAI技術の発展にも要注目です。

返事を書く

Please enter your comment!
お名前はこちら