実現間近!?完全自律運転するドローン「APT」

0
165
bellapt

アメリカのヘリコプター製造会社であるベル・ヘリコプター社は最高時速160kmで飛行できる完全自律飛行のドローン「APT」を開発しています。

高速飛行と完全自律制御

「APT」の最大の特徴は高速飛行と完全自立制御にあります。
ドローンは通常、機体の角度を少し傾けることで進行したい方向に移動しますが、機体の構造上傾けられる角度に限界があります。
ベル・ヘリコプター社の「APT」は、ほぼ90度までドローン本体を傾けることが可能となっており、それにより飛行速度を上げることに成功し、最大時速160km以上の速度で飛行ができるとこと!!
通常のドローンの平均時速が50~60kmなので3倍以上の速さで飛行できる計算になります。

さらに「APT」は完全自律飛行。
目的のルートを設定するだけでそこまで飛行してくれます。また、本体に搭載されたセンサーでルート上に発生した障害物を自動で避けてくれます。

Movie:Bell Youtube

日本での実用化はもうすぐ?

実はこのドローン、日本の大手物流企業であるヤマトHDが開発に関わっています。
「APT」の自律飛行を生かして荷物運搬に応用することが狙いで、ドローン本体をベル・ヘリコプター、ドローンに荷物を搭載するためのポッドをヤマトHDが行う共同開発となっています。

2019年8月には自律飛行の実験に成功しており、年内にさらなる実験を重ねることで2020年の実用化を目指しているそうです。

法律などいろいろな問題があるもののドローンの実用化は1~2年と、かなり近い未来で実現するかもしれません。

Source:Bell

返事を書く

Please enter your comment!
お名前はこちら