空飛ぶ車が普及することによって生じる影響!

0
372
harry-potter-1132329_640

SFアニメや映画では定番となっている「空飛ぶ車」

空飛ぶ車「Skai」の実用化はいつ?でも紹介しましたように、2020年末には連邦航空局FFAから認可が降りるだろう。とのことでした。

空飛ぶ車が一般発売されて更に普及するにはまだ少し先になると思いますが、空飛ぶ車が世の中の当たり前になることで、どう世界は変わっていきどのように社会は変わっていくのでしょうか。

空飛ぶ車の普及による仕事への影響

ドローンの普及によって、世界にドローン操縦士という専門職の登場やドローンの専門学校ができ、映像会社がドローンを取り入るなど様々な職種が誕生したように、空飛ぶ車が普及することで社会全体や仕事にも影響があることでしょう。

自動運転でどう世界は変わるのか?でもご紹介させていただきましたように、自動運転が普及することで、運転・運送業ドライバーの人員削減の懸念が考えられました。

運送・送迎会社が陸での作業を自動システムに任せ、技術の発展により空からの輸送が簡易化されれば、空から運ぶことになるのはとても自然の流れでしょう。

現在、空からの郵送の手段は主に貨物飛行機。空からの郵送手段が技術革新によって、貨物飛行機以外の選択肢として、空飛ぶ車は当然のようにその選択肢に成り得ます。

その選択肢の一つになれば、間違いなく空飛ぶ車のドライバーは必要になってくる。今まで長距離バスやタクシー、トラックなどでドライバーをやってきた方達が、空飛ぶ車の操縦席に座ることになってもなんら不思議ではないし、私はそのようになるだろうと思っています。

空飛ぶ車はどのように普及していくのか

Image:「skai」公式HP

空飛ぶ車が世の中に車と同じように普及していく未来は、まだ当分先のことのように思えます。また、普及させるためには免許や着陸地といった環境の構築も必要になるでしょう。

飛行機やヘリコプターのパイロットのように、一般人にとって難しい操縦資格が必要になってしまうと、一般発売が開始されても運転できる人は少なく、車のように普及することはないでしょう。なので、まず操縦の簡易化は大事な要素です。

また現在、技術はもちろん道路状況やコスト面などから考えても、各一般家庭へ飛行機やヘリコプターから荷物を運んだり、人を送迎するということはまずないです。

今後は空飛ぶ車の普及によって、空飛ぶタクシーの出現や配達等も空から行われるようになっていくことは想定できます。そのための道路や、各駅近くに停車スポットの用意がされたりしていくのではないでしょうか。

更に一般的に普及し始まれば、空の上と言えども交通整理の為の信号機やルートなども決められるようになるでしょう。ルートや信号機などは地上から映像が映し出されたりするのかもしれない。

そのようになってくると、空には完全にSFの世界が完成します。是非とも生きてるうちに見てみたいです。

空飛ぶ車の普及に伴って、世の中は大きな変わっていきます。今までになかった仕事や法律、技術などありとあらゆるものが変わっていきます。今私たちは大きな変化の真ん中にいるでしょう。この世界中を巻き込む大きな技術、これからも一緒に見届けていきましょう。

返事を書く

Please enter your comment!
お名前はこちら