最新技術を詰め込んだ、最新家電おすすめ7選【AI・IoT対応】

0
1145

AIやIoT化の進展によって便利なものが急速に増えている現代。家電にもその波が来ています!最新家電にはこれまでの常識を取っ払ってしまうようなハイテク技術が満載!手間を省いて時短を可能にする、おすすめしたい最新家電がたくさん生まれています。今回は様々な家電の中から、おすすめの最新ハイテク家電を7個ピックアップします!

目次

  1. 富士通ゼネラル 最新エアコン「ノクリアXシリーズ」
    1. ノクリアXのここがすごい!テクノロジー編
    2. ノクリアXのここがすごい!機能編
    3. ノクリアはデザインでも高い評価を得ています!
  2. 進化を遂げたお掃除ロボット パナソニック「ルーロ」
    1. ルーロの進化した機能
    2. ルーロは最強のお掃除アドバイザー
    3. ゴミを「取り逃がさない」ために詰め込まれた工夫
  3. 8K対応型テレビ シャープ「AQUOS CX1」
    1. そもそも4K、8Kとは?
    2. 8K放送の凄さは映像、だけじゃない
    3. AQUOSの機能
  4. 切れちゃう瞬冷凍A.I.搭載 三菱 冷蔵庫「WXシリーズ」
    1. 解凍いらずの「切れちゃう瞬冷凍A.I.」
    2. チルドや冷蔵より優れた氷点下ストッカー
    3. 鮮度を保ちつつ、栄養を増してくれる野菜室!
    4. 冷蔵庫にもAIが搭載される時代!
  5. 掃除機からその先へ ダイソン空気清浄機 pure humidity+cool
    1. 羽根のない扇風機として話題を生んだ商品
    2. ダイソン×扇風機×空気清浄機=最強
    3. 最先端HEPAフィルター搭載!
    4. 空気をきれいに保つためのさらなる工夫
    5. 空気の状態がスマホで確認可能!
    6. 近未来的なデザイン
  6. 時短&本格派の炊飯器 東芝 真空圧力IH 「RC-10VXN RC-18VXN」
    1. 真空αテクノロジーで時短を実現!
    2. 真空状態でお米が炊き上がる流れ
    3. 「かまど本羽釜」でお米をふっくら炊き上げる!
    4. 真空×圧力で実現されるふっくら炊き
  7. 食器の手洗いは時代遅れ!? パナソニック 食器洗い機 「NP-TZ200」
    1. 高温の水で洗えるメリット
    2. 高圧の水流を利用した噴射洗浄!
    3. 酵素の含まれた洗剤とそれを生かした機能
    4. あらゆる有害物質をぶっ壊す!ナノイーXの技術
  8. まとめ

富士通ゼネラル 最新エアコン「ノクリアXシリーズ」


富士通ゼネラルのノクリアXシリーズはハイブリッド気流と呼ばれる2種類の気流を使えることが売りの最新エアコンです!もちろんIoTにも対応していて、AIも搭載されています!

ノクリアXのここがすごい!テクノロジー編

暖かい空気は上に行き、冷たい空気は下にたまります。ノクリアXのハイブリッド気流は温度や速さが異なる2つの気流を操ることで、部屋の温度にムラができなくします

冬場だと足元だけ冷たくてストーブや電気カーペットに頼りがちですが、ノクリアXがあればエアコン1つで夏も冬も乗り切れそうですね!

また、最新のエアコンにはIoT対応のものが多いですが、もちろんノクリアXもIoT対応、しかも優秀なAI搭載機です!

専用アプリを使って外にいてもスマホでエアコンの操作ができます。家に帰るまでに部屋を涼しくしたり、暖かくしておけるのはありがたいですね。また、スマートスピーカーでの操作も可能です!

そして、ノクリアXに搭載されているAIには大きく分けて3つの機能があります。

温度ムラ予測AI

部屋の中には日当たりなどの関係で温度にムラができる箇所があります。ノクリアXは温度のムラができやすい場所を学習できるんです!自分の部屋に最適な気流が送れるんですよ。

体感温度予測AI

日々のリモコン操作のデータをもとに、エアコンの使用者が好みの気温を予測し、自動的に設定温度を変更してくれます。自分のために快適な設定を考えてくれるだなんて、なんだかエアコン相手に情が湧いてしまいそうですね(笑)

立ち上げ予測AI

スマホアプリと連動することで、気象データからその日の気温を取得し、「今日は寒いみたいだから帰る前にタイマー設定しておく?」とノクリアXからアドバイスがもらえます!まだまだIoT生活に慣れていない私でも、忘れないでIoT家電を活用できるための嬉しい工夫ですね!

ノクリアXのここがすごい!機能編

最新のエアコンには当たり前のように自動フィルター掃除機能がついています。ですが、実は世界で初めて自動フィルター掃除機能を開発したのは、このノクリアXの製造元である富士通ゼネラルさんなんだそうです!エアコンのフィルターが汚れていたら部屋の空気まで汚れてしまいます。でも、お手入れって結構大変ですよね。ノクリアXのフィルターお手入れはなんと5年に1回で大丈夫とのこと!自動フィルター掃除機能も最先端ですね!

また、エアコン内部の熱交換器には抗カビ・抗菌コーティングが施され、運転中に洗浄さらに停止後に加熱殺菌が可能です。自動のクリーン機能にも抜かりがないですね!

エアコンを使用する際に悩みの種になるのが、暖房をつけている最中に急にエアコンが止まるアレです。そうアレ、霜取り運転!外の気温が低いとき、室外機に霜が張り、その霜を除くためにエアコンが停止することがしばしばあります。寒い中で暖房が止まってしまうの、場合によっては地獄ですよね… ノクリアXは霜取り運転開始前に、部屋を強めに暖めてくれます!エアコンしかない場所ではエアコンが霜取り運転に入るとどうしようもないので、事前に暖かくしておけるのはありがたいですね!欲を言えば運転を止めて欲しくないですが…

ノクリアはデザインでも高い評価を得ています!

ノクリアを操作するリモコンはBluetoothによって通信を行います。これは業界初の試みだそうです!一般的なリモコンは赤外線が多いですね。赤外線だと壁があったり、向きが悪いと反応してくれないというデメリットがあります。Bluetoothはこのような悩みを解消してくれます!デザインもかなり近未来的ですよね。なんと、世界三大デザイン賞のひとつである「iFデザインアワード2020」を受賞しています!

総合的に見て、ノクリアXは最新のハイテク家電の一角を担うエアコンではないでしょうか!

形名AS-X56J2W(18~23畳用)
畳数目安冷房:15〜23畳/暖房:15〜18畳
能力冷房:5.6kW/暖房:6.7kW
消費電力冷房:1580W/暖房:1510W

進化を遂げたお掃除ロボット パナソニック「ルーロ」


パナソニック製のお掃除ロボット「ルーロ」は従来のお掃除ロボットから大きな進化を遂げた最新機種です!

ルーロの進化した機能

従来のお掃除ロボットは、カメラセンサーを使い、自分が通った場所を記録することで、掃除する部屋のマップを作っていました。しかし、カメラセンサーを使うと暗い場所を認識できなかったり、自分の通る場所しか記録できなかったりと欠点がありました。最新のお掃除ロボットであるルーロに搭載されているのは360度に渡るレーザーセンサーです!レーザーSLAMと呼ばれるこの技術では、8メートル先までの範囲を認識でき、正確な部屋の間取りを記録することができます。部屋の間取りが非常に正確に把握できるようになったことで、ゴミの取り残しが格段に減りました!

ルーロは最強のお掃除アドバイザー

レーザーセンサーによって正確に部屋の間取りが分かるようになったと述べましたが、この機能の強みはここからです!

なんとルーロは部屋のマップと集めたゴミの情報から、部屋によくゴミが溜まる場所を学習してくれます!しかも、ルーロの中で作られるゴミマップは、専用のスマホアプリで確認できちゃいます!そう、お掃除ロボットもIoTに対応しているんです。部屋のどこにゴミが多いか一目で分かるのは便利ですよね!そしてここで便利なのが「お手軽」機能。部屋のゴミが溜まりやすい場所だけをルーロがお掃除してくれるというモードです!急いでいるときや、簡単に掃除がしたい日などに手短に掃除が済ませられるというありがたい機能です。

ゴミを「取り逃がさない」ために詰め込まれた工夫

ルーロには障害物を検知するためのセンサーが、レーザーセンサーを含めて3つ搭載されています。

  • レーザーセンサー : 周囲に見える障害物を避けることができる。
  • 超音波センサー : 黒色の障害物や鏡面など、レーザーセンサーで検知しづらい障害物を検知する。
  • 赤外線センサー : 障害物までの距離を測り、隅々まで掃除できるようにする。
  • これらのセンサーがあるため、障害物を避け、キワまで掃除してくれます!

薄いマットやラグはフォルムチェンジして乗り越えられるんです。かっこいいですね!

ルーロ アクティブリフト

お掃除ロボットと聞いて、円形のお掃除ロボットを想像する方も多いと思います。しかし、ルーロは三角形に近い形をしていますよね。ルーロはその特徴的な形を生かして、部屋のスミなど細かいところの見逃しやすいゴミも取り逃がさない形になっています。

もう一つ、見逃しやすいゴミといえば、目に見えないくらいの小さなゴミです!ルーロに搭載されているクリーンセンサーはおよそ20μmまでの小さなハウスダストや花粉まで検知することができます。ゴミを検知すると、ルーロのクリーンセンサーが赤く光るようになっています。これだけ小さなゴミのある場所も学習して、しっかり掃除してくれます。

また、これだけ小さなゴミも取り逃さずに回収できるのは、ブラシに工夫があるんです!吸引力が一番強いのはブラシの中央部分になっています。そのため、ブラシ自体をV字にすることで、中央にゴミを集め、吸引しやすくしているんです!また、ブラシの先端はY字になっていて、ゴミをかき集めやすくなっています。目に見えないところまで工夫が施されているんですね!

たくさんの技術が詰め込まれたルーロは、普段のお掃除を快適にしてくれること間違いなしです!

形名MC-RSF1000
電池寿命繰り返し充電約1500回
製品質量3.4kg
最大稼働面積約120畳
充電時間約5時間(3時間で80分運転)
連続使用時間100分

8K対応型テレビ シャープ「AQUOS CX1」


お次に紹介するのは最新のテレビです。最新のテレビといえば4Kテレビですよね…?

いいえ、時代はすでに8Kです!!

そもそも4K、8Kとは?

4Kとは一言で説明すると、めちゃくちゃ綺麗な映像です!そして、8Kはそれよりもっと綺麗な映像ということ。

従来のフルハイビジョンと呼ばれる画質は、1920×1080ピクセルで、およそ200万画素でした。それに対して4Kは3840×2160ピクセルで4倍のおよそ800万画素、8Kに至っては7680×4320ピクセルで、なんとフルハイビジョンの16倍、およそ3300万画素です!とにかく、綺麗だってことですね。

BSチャンネルでは8K放送に対応した番組があり、8Kだからこそ味わえる臨場感を楽しむことができます。

しかし、地デジでも8Kどころか4K放送にすらまだ対応していません。この現代で8Kテレビの発明などまさにロマンの塊なんです!

日本でたった1社だけ、そんな8K対応テレビを商品化しているのがシャープです!シャープのAQUOS CX1は4K&8Kチューナーを内蔵した、確固たる最新の8K対応テレビです。

CX1内臓チューナー

8K放送の凄さは映像、だけじゃない

8K放送の大きな魅力は、その美しい映像にふさわしい「」です。従来の音声は5.1chというもので5つのスピーカーと1つのサブウーファー(超低音域スピーカー)で構成される音声でした。しかし、8K放送で表現されるのは22.2chの音声。22個のスピーカーと2つのサブウーファーを使って表現される音声です!とはいえど、さすがに家庭のテレビ規模ではこれだけのスピーカーを配置することはできないですよね。シャープのAQUOSでは22.2チャンネルの信号を上から2チャンネル、3チャンネル、1チャンネルに分けることで、前後左右上下にわたり、臨場感のあるサウンドを楽しめる工夫が施されています!

8K放送で旅番組を観ようものなら、音や映像はまるで現地そのもの!目と耳で楽しめる「どこでもドア」といっても過言じゃありませんね。

AQUOSの機能

画質以外にも、最新のテレビには進化したところがたくさんあります!AQUOS CX1はAndroid 9が搭載されており、スマートスピーカーやAndroidスマホと同様、Googleアシスタントが使えます!Googleアシスタントにキーワードを話しかければ、おすすめの番組を探してくれるんですよ。また、NetflixやYouTubeをはじめとする、さまざまな動画コンテンツも視聴することができます!

さらに、AQUOSシリーズにはココロビジョンというサービスがあります。これを利用することで、試聴した番組データから普段よく見る番組や時間帯をAIが学習し、おすすめの番組を紹介してくれます!また、全国のAQUOSの視聴データを基に、いま最も多く見られている人気番組をリコメンドしてくれる機能もあるんですよ!

AQUOSの多機能性

いまや最もメジャーな家電の一つであるテレビ、機能が多すぎて紹介できていない部分もありますが、これからの進化にも期待大!これからもテレビのトレンドチェックを欠かさないようにしたいところです。

形名8T-C70CX1(70型), 8T-C60CX1(60型)
チューナーBS8K×1、BS4K・110度CS4K×1、地デジ×3 BS/110度CSデジタル×3
視野角176度
HDMI端子5個(入力6のみ8K対応)

切れちゃう瞬冷凍A.I.搭載 三菱 冷蔵庫「WXシリーズ」


次に紹介する三菱の冷蔵庫WXシリーズは、時短の世界に革命をもたらした最強の家電です!

解凍いらずの「切れちゃう瞬冷凍A.I.」

三菱のWXシリーズで冷凍した食品は、料理するときに解凍する必要が無くなります。新技術「切れちゃう瞬冷凍A.I.」は、-7℃で食材を瞬間冷凍、常温の状態を保ったまま冷凍保存ができるんです!凍っている肉がそのまま包丁で切れるんですよ!わけのわからない技術ですね!

瞬冷凍で解凍要らず

仕組みを説明すると、過冷却という現象を用いて氷点下でも水が凍らない状態を保ち、一部が凍ると、その瞬間に周囲も一気に凍結する。このときに作られる氷の結晶が非常に微細であるため、包丁でそのまま凍った肉を切ることもできる…

仕組みはともかく!切れちゃう瞬冷凍A.I.を使えば、

  • 解凍要らずでお肉が切れる!
  • 重なった食材をはがせる!
  • 固まった食材をほぐせる!
  • ソースが凍ったまますくえる!

冷凍保存したお肉を料理するには、通常だと数時間前から自然解凍しなければいけなかったもの。その数時間という時間を技術で短縮できるようになったのが、三菱のWXシリーズであり、切れちゃう瞬冷凍A.I.の技術です!小分け保存せずにそのまま剥がせるのも便利ですね。

また、瞬間冷凍した食材は鮮度やうまみも保たれます。たとえば、炊き立てのご飯をそのまま冷凍すれば、解凍時には炊き立ての美味しさが保たれるそうです。

チルドや冷蔵より優れた氷点下ストッカー

三菱冷蔵庫WXシリーズには氷点下ストッカーという、生の肉や魚を保存するのに特化したスペースがあります!

こちらも切れちゃう瞬冷凍A.I.同様、過冷却という技術を使っています。違いは、食品を過冷却のまま凍結させないこと。つまり、氷点下で食品を生のまま保存することができる!ということです。お肉や魚を冷蔵やチルドに比べて長く保存できるんですよ。そしてこちらも、生の状態が保たれるので解凍いらず!時短して料理ができちゃいます!

また、生肉の保存時に流れ出てしまう、うまみ成分を多く含んだドリップという液体。チルドに比べて、氷点下ストッカーではドリップの流出をおよそ75%カットできるそうです。

鮮度を保ちつつ、栄養を増してくれる野菜室!

三菱冷蔵庫WXシリーズの朝どれ野菜室は、3色LEDを照射することで、植物本来の生育環境を再現し、野菜を新鮮に保ちます。保存している間に、なんと野菜のビタミンCや糖量が増すんです!本来、ライトの無い環境ではこれらの栄養分は減少してしまいます。しかし朝どれ野菜室では、適度な低温環境で野菜の潤いが保たれ、LEDを吸収して野菜が光合成できるので、保存中も野菜の栄養が増すようになっているんです。保存中も新鮮さが保たれて、栄養や美味しさまで増してくれるのはありがたいですね!

冷蔵庫にもAIが搭載される時代!

三菱冷蔵庫WXシリーズは、ドアを開閉した時間や回数のデータをもとに、冷蔵庫を使う頻度が高い時間帯を学習し、節電に活かすことごできます!たとえば、普段料理する時間には、AIが事前に冷蔵庫を強めに冷やしておいてくれます。かつて信長の草履を事前に温めていた豊臣秀吉を彷彿とさせるような冷蔵庫ですね…(笑)また、冷蔵庫を使わない就寝時間帯などは効率よく省エネ運転をします。

最先端の冷蔵庫は、大幅な時短や省エネを実現し、便利な生活を作るための技術がたくさん詰め込まれていました!

形名MR-WX70E
カラークリスタルホワイト/クリスタルブラウン
80cm
高さ181cm
容量700L

掃除機からその先へ ダイソン空気清浄機 pure humidify+cool


このダイソンの空気清浄機、とにかく優秀!!魅力を盛り沢山、説明します!

羽根のない扇風機として話題を生んだ商品

羽根のない扇風機というキャッチコピーからは、年中使う空気清浄機と違い、限られたシーズンで使われるイメージを抱いてしまいがちですが、この羽根のない扇風機はオールシーズン使えます!

ダイソン×扇風機×空気清浄機=最強

まずは扇風機としての機能。風のことならダイソンにお任せあれ!dyson pure humidity+coolは毎秒360リットルもの空気を送り出し、部屋中に循環させます。「そんなに風を送ったら暴風にならない?」大丈夫です!しっかり気流を操って、そよかぜの様な気持ちいい風を送り出してくれますよ!そして忘れてはいけないのが空気清浄機の役割もあるということ。空気清浄機には加湿機能があります。潤った気持ちいい風が部屋中を循環!想像するだけで快適ですね!

最先端HEPAフィルター搭載!

空気清浄機界でいま注目されているのが、HEPAフィルターという超微細フィルター。なんとこのフィルター、ウイルスレベルの小さな粒子までキャッチすることができるんです!いまや空気清浄機はHEPAフィルター搭載か否かで購入を判断されるような時代。そんな中、dyson pure humidity+coolでは360°グラスHEPAフィルターが採用。花粉対策製品としても認定され、その花粉除去率はなんと99%以上!花粉が気になる春先のシーズンにも有用です。循環する空気の量も考えれば、広めのお部屋の空気もあっという間に清浄されてしまいそうですね!

空気をきれいに保つためのさらなる工夫

また、dyson pure humidity+coolにはHEPAフィルターとともに活性炭フィルターが搭載されており、部屋の空気に含まれるニオイ物質も除去してくれます!

加湿機能にも部屋の空気をさらにきれいに保つための工夫が施されています。水の入ったタンクには強力なUV-Cライトが照射されており、余すところなく水の除菌を行います。水が送られる加湿フィルターにも抗菌作用が施されており、菌を絶対に送風しない工夫が細かく敷き詰められています!

空気の状態がスマホで確認可能!

dyson pure humidity+coolに搭載されている複数のセンサーはさまざまな微粒子を検出することが可能。そして専用アプリで日ごと、週ごとの

  • 空気の綺麗さ
  • PM2.5
  • PM10
  • VOC
  • NO2

の状況を見ることができます!ついに目に見えない微粒子の量を自分で確認できる時代が来ましたね…!

また、スマホやスマートスピーカーで操作を行えたり、アプリにメンテナンスの通知を行なったりもしてくれるので非常に便利です!

近未来的なデザイン

羽根のない扇風機の存在を知らなければ、ポツンとおいてあるdyson pure humidity+coolを一目みても、正直何かわかりませんよね。それだけ他にない、どこか近未来的でカッコいいデザインをしているのも魅力的だと思います。この製品にかぎらず、ダイソン製の製品は特徴的なデザインをしているものが多いです!この記事では細かく紹介しませんが、dyson supersonic ionicというこちらの製品もかなり個性的なデザインですよね。実はこれ、ドライヤーなんです!風のことならダイソンにお任せあれと話したように、こちらのドライヤーは機能もバツグン!興味があればぜひ調べてみてください!

ダイソン ドライヤー

独自の強みを生かし次々と新製品を開発していくダイソン、今後の躍進にも期待です!

形名dyson pure humidity+cool
送風量360L/s
搭載フィルターHEPAフィルター、活性炭フィルター
検出可能物質PM2.5, PM10, VOC, NO2

時短&本格派の炊飯器 東芝 真空圧力IH 「RC-10VXN RC-18VXN」


東芝の真空圧力IHは圧力炊きと、業界唯一の真空炊きを用いたダブル炊きに成功し、おいしさと時短を両立させた最新炊飯器です!

真空αテクノロジーで時短を実現!

東芝の真空αテクノロジーは、お米の芯まで吸水させ、効率的にお米を炊く方法です。たっぷり水を含んだお米は甘みが増えて、美味しい炊き上がりになるんですよ!

真空状態でお米が炊き上がる流れ

  • 炊飯器内が真空になることで、お米の中に含まれている空気が抜けます。
  • もともと空気が入っていたスペースに水が入り込みます。
  • 炊飯器が熱されて、お米が芯から温められます。
  • ふっくらとした炊き上がりに!

米が水を多く含むことで、米に含まれるでんぷん質が水と加熱されて粘りけを持つようになる「α化」が促進されます。お米のおいしさに直結するはたらきが大きいということです!

α化が促進されることで生まれる何よりも大きいメリットが時短です!従来の炊飯器では、3合白米を通常のコースで炊く時、50分以上かかるのが普通でした。しかし、東芝の真空圧力IHでは、3合の白米が炊き上がるまでおよそ38分です!通常の炊飯器の早炊き機能と同等の時間で、ちゃんと美味しいお米が炊けます。時短しつつ美味しいお米が炊けるというのは一石二鳥ですね!

真空状態で保温することにもメリットがあります。通常、お米を保温する際にはご飯が空気に触れるので、お米の中の水分が徐々に失われ、酸化や乾燥が進んでしまいます。真空圧力IHでは、お米と空気を遮断するので、白米であれば最大40時間、お米のおいしさを保ち続けられるんです!

「かまど本羽釜」でお米をふっくら炊き上げる!

東芝では羽釜に近い釜を仕上げるため、20年以上もの間、その製造をこだわり続けてきました。

素材には熱伝導率の高い、厚いアルミニウムとダイヤモンドチタンコートが使われ、生まれた熱対流を高めるステンレスも使われています。

釜自体の形も大きな熱対流を生み出すように工夫され、釜全体に熱が通りやすい構造になっています。

真空×圧力で実現されるふっくら炊き

先述したとおり、真空炊きによってお米の一つ一つに芯まで熱が通り、お米を効率的かつ美味しく炊き上げることができます。

そして、釜全体に熱を行き渡らせるために重要なのが圧力です。圧力が高ければ、水は100℃を超えても液体の状態を保つことができるため、効率よくお米を炊き上げることができます!しかし、圧力が高過ぎると煮崩れしてしまいます。真空圧力IHでは、お米によって適度な圧力を調節してくれます!

従来の炊飯器では、釜の熱の伝わり方にムラがあり、中央に行くにつれてふっくりしたお米が少なくなるのが普通でした。真空&圧力のダブル炊きはその問題を解決!釜全体にしっかり熱を伝え、中央のお米もふっくら。炊きムラが無くなります!

日本人に欠かせないお米。ほぼ毎日食べるものだからこそ、炊飯器は妥協しないで良いものを選びたいですよね!美味しいお米を最新の炊飯器で炊いて贅沢な食生活、してみませんか!?

形名RC-10VXNRC-18VXN
カラーグランホワイト/インディゴブルーグランホワイト/インディゴブルー
最大炊飯容量1.0L(約5.5合)1.8L(約1升)
釜底WAVE7本9本
気圧コントロール真空0.6〜/圧力1.2気圧真空0.6〜/圧力1.2気圧

食器の手洗いは時代遅れ!? パナソニック 食器洗い機 「NP-TZ200」


最後に紹介するのはパナソニックの食器洗い機NP-TZ200です。

普段食洗機って使いますか?料理するのは好きでも食器洗うのが面倒だったり、食洗機があればその手間も省けてかなり楽になりますよね。でももし、「食洗機に任せるのは心配」、「手洗いじゃないと不安…」と考えている方がいれば、今日はそのイメージが変わる日です!

パナソニックの食洗機では手洗いよりもきれいに食器を洗浄できることが実証されています!

その理由は、手洗いではできない3つの洗浄ワザ!

  • 高い水温による洗浄
  • 高圧水洗
  • 酵素を利用した洗浄

まずこれらについて説明していきます!

高温の水で洗えるメリット

50℃以上の水であれば、タンパク質や油分を分解でき、効率的に除菌や汚れ落としができます!もし手洗いで50℃以上の水を使ったら自分の手まで犠牲にしてしまいますよね… 高温洗浄は食洗機でしかできない一つの強みです!これによって使用する水の量も少なくできるので、手洗いに比べて水道代を大幅に節約できます。手洗いよりも日々のコストを削減できるのも魅力的ですね!

高圧の水流を利用した噴射洗浄!

食洗機の中には4つのノズルが付いており、それぞれのノズルから高圧の水流が噴射されます。このノズルから噴射される水は高さ2mまで上がるそうです!もし水道からこれだけの水圧で水がでたらキッチンがびしょびしょになってしまいます(笑)これも食洗機でしかできない強みだと言えますね!

酵素の含まれた洗剤とそれを生かした機能

食洗機用の洗剤には、通常の皿洗い洗剤には含まれない、酵素・漂白成分が含まれています。酵素の力で洗浄することで、しつこい汚れを比較的簡単に落とすことができます!それだけで既に食洗機だけの特色と言えるのですが、パナソニックの食洗機ではこの酵素のはたらきを強くするための技術が備えられています!洗剤を素早く溶かし、酵素が活性化するのを促進。その結果、汚れをすばやく落とすことができます!高圧洗浄と合わせることにより、汚れをしっかり落とせるという構図になっています。

以上、食洗機にしかできない特色でした!食洗機のメリットばかり挙げましたが、やはり手洗いのメリットは汚れを目視できることだと思います。もし今後、食洗機でも汚れの位置を的確に把握できるようになれば、怖いものなしですよね!これからの進化にも期待です!

あらゆる有害物質をぶっ壊す!ナノイーXの技術

パナソニックといえばナノイーXですね。同社のエアコンや空気清浄機にも同じ技術が搭載されています。ナノイーXの技術のすごいところは、花粉やカビ、ウイルス、ニオイ菌、アレルギー物質などのあらゆる有害物質をぶっ壊す!!ことです。

ナノイーXとは、空気中の水分に高電圧をかけることで発生する微粒子イオン。このナノイーXにはOHラジカルというマイナスイオンが含まれています。このOHラジカルというイオンが菌やアレルギーの原因となる物質の水素を奪うことでこれらの物質を壊します。これがナノイーXでさまざまな有害物質を無力化できる仕組みです!

食洗機でナノイーXが力を発揮するのは洗浄の時だけではありません。乾燥時、そして食器洗い終了後の庫内で食器を保存している間、食器からニオイが発生するのを抑えてくれます!菌に関してはむしろ減っていきます。これが食洗機の中でもパナソニックのNP-TZ200が持つ強みであり、推薦する理由です!洗浄開始から終了後まで、除菌や消臭に配慮された食洗機!便利でコスパも良いので、良い投資になりますね!

形名NP-TZ200
容量(食器点数)40点
カラーダークグレー・ライトグレー
洗浄ノズル数4(上ノズル1、下ノズル2、背面ノズル1)
標準使用水量11 L
消費電力量770Wh

まとめ

AIといった技術の進歩の結果が顕著に現れるのがIoT化の進んだ家電であると、つくづく感じます。最先端の技術が詰め込まれた機械、非常にロマンを感じますよね。これからも家電は進化を遂げていく事業です。技術革新のものさしにもなる分野だと思います!「値段が高くて手が出せない…」という方でもぜひそのトレンドをしてみてください!それだけでも楽しめると思います。私自身も、これからの最新家電がどのような進化を遂げるのか予想しつつ、注目していきたいです!

返事を書く

Please enter your comment!
お名前はこちら