「StixFresh」は貼るだけで、果物・野菜を長期保存できる!

0
1814
Stixfresh
Image:Stixfresh公式サイト

アメリカのクラウドファウンディングINDIEGOGOに登場したプロジェクト「StixFresh」が話題となっています。

コインサイズのステッカーである「StixFresh」は果物や野菜に貼るだけで2週間もその鮮度を保ってくれ、今までよりも長く、安全に果物や野菜の保存を可能にしてくれます

このステッカーは、日常生活における野菜や果物の消費はもちろん、グローバルな食料問題の解決にも期待されています。

INDEX


StixFreshとは?
日常生活とグローバルな食料問題におけるStixFreshの活躍


StixFreshとは?

StixFreshは、果物や野菜に貼るだけで2週間鮮度を保ち保存できるに安全で簡単なステッカー。

StixFreshは植物の特性を利用して。果物や野菜は、収穫のあとでも一定期間を置くことでより甘みがましたり、実が柔らかくなったりします。このように果物や野菜が収穫後に熟すのは、果物や野菜自身が発するエチレンガスの効果とされています。

エチレンガスが発生すると、発生させた果物や野菜だけでなく、その近くに置いていた果物や野菜もエチレンガスの影響を受けて熟していきます。また、エチレンガスは成熟ホルモン=老化と同じ働きをするため、熟して食べごろになった後にも作用し続け、最後には野菜や果物を腐らせてしまいます。

StixFreshステッカーは、塩化ナトリウムと蜜蝋などの天然成分でできているコーティングで、果物や野菜の周りに保護層を作り出します。それは、新鮮な農産物に含まれる熟成ホルモンであるエチレンを製品の周囲の空気から除去することによって、果実や野菜の熟成を遅らせることができるのです。

また、StixFreshステッカーを貼った果物や野菜は、甘さが増し水分がより多く保持され、さらに細胞構造が強固なまま持続し、堅さが増すことが実験によって証明されています。また、化学物質を含まない安全な成分しか使用しておらず、StixFreshで使用される成分はFDAに従ってGRAS(一般に安全と認識される)の要件を満たしています。

日常生活とグローバルな食料問題におけるStixFreshの活躍

アメリカの家庭では、1年で平均2,200ドルの食料が捨てられており、果物や野菜はそのうちの500ドルを占めています。
StixFresh1年分の総額はわずか149ドルで、果物や野菜の廃棄額の3分の1以下です。
廃棄額を考えるとStixFreshを買った方が圧倒的に経済的

一方で、アメリカの果物農家へのヒアリングデータによると、収穫からトラックに積み込むまでの間でさえ平均して30%の果物が痛みや腐敗が原因で失われています。運送中の痛みや腐敗による破棄を含めると相当数の果物が無駄になっていると考えられます。それはひどい食料の無駄遣いであるだけでなく、農民に大きな打撃を与える損失です。StixFreshは、それらの果物ができるだけ多く消費者のもとに届くように農家と協力しています。

世界的に人口が増え続けている今、食料不足は深刻な問題となっています。
StixFreshは、その問題の解消につながる大きな進歩と言えそうですね!

現在は、INDIEGOGO内で取扱われております!

Source:StixFresh公式サイト

返事を書く

Please enter your comment!
お名前はこちら