ロボットの行動を説明すると、人間のロボットに対する信頼は高くなる。という研究

0
398
ロボットと人間の共生

カリフォルニア大学ロサンゼルス校とカリフォルニア工科大学の研究チームは、ロボットがどんな動作を行っているのか説明を受けた人々は、よりロボットを信頼する傾向があることを発見しました。

ロボット産業は今後伸びる

製造業などで利用される産業ロボット、レストランで活躍する配膳ロボット、介護を助ける介護ロボット、低侵襲な手術ロボット、自律動作するドローンや自動車など、すでに各企業で研究開発がは盛に行われ、今後のロボティクス市場はかなりの成長が見込まれています。
こうした市場の成長と、ロボティクス技術がより高度になることで、ロボットの一般化は加速することが予想されます。

高度なロボットに対する人々の反応

より高度で複雑なロボットの誕生はまさに技術の進歩そのものですが、
その複雑な構造に人々は嫌悪感や不安感を抱きやすく、それを受け入れるためには工夫が必要でした。
(車が横にスライドしたら、みんなびっくりしますよね)

カリフォルニア大学ロサンゼルス校とカルフォルニア工科大学の研究チームは、ロボットの行動を説明することで、人間がロボットに対する信頼が向上することを発見しました。

実験内容と研究結果

150人の被験者を対象に、瓶を開けるロボットの動作を見てもらい、どれくらい信頼性があるのかを評価する実験。

ロボットは4通りの方法で被験者に動作を見せました。
①ロボットの各アクションを3Dモデルで表示
②ロボットの各アクションをプロセス毎にテキストで表示
③ロボットの各アクションを抽象的なテキストで表示
④ロボットの各アクションを3Dモデルとテキストでプロセス毎に表示

実験の結果、④ロボットの各アクションを3Dモデルとテキストでプロセス毎に表示が一番信頼性の高く、テキストメッセージのみ(②③)を表示した動作が一番信頼性が低かったとのこと。

今後のロボット産業に貴重なデータ

結果については「予想通り」や「そうだろう」という印象である一方、
こうしたデータは今後のロボットのユーザビリティ向上に貢献する貴重な研究です。

研究者は、ロボットが何をしているのかについて十分な情報を与えられた場合、人間はロボットを信頼する可能性が高いことを実験が示したと示唆しています。彼らは、次のステップはロボットに行動を実行している理由を報告するよう教えることだと言います。

Soruce:Tech Xplore/Science Robotics

返事を書く

Please enter your comment!
お名前はこちら