血管の中を自由自在に動く「ロボットワイヤー」

0
203
mitrobotics1

悪性新生物(がん)、心疾患に次いで日本人の死因の一つである脳卒中。
これは脳の血管が詰まる脳梗塞や、血管が破れるくも膜下出血が挙げられ、発症時に意識を失ってしまう場合も多く、その場合発症から治療までの時間が90分を過ぎると半身麻痺や意識障害などの後遺症が残る可能性が高くなってしまいます。

マサチューセッツ工科大学の研究チームは、極細ワイヤー状のロボットを使うことで脳血管の閉塞を治療する技術を開発しました。

既存の治療法

脳血管にワイヤーを通して治療を行う手術技法は、カテーテル治療と呼ばれすでに存在する治療法です。髪の毛を切って頭蓋骨を開ける開頭手術と違い、局所麻酔のみで傷も小さい低侵襲性(体への負担)が大きな特徴です。

しかしながらこの治療法、細く繊細な脳血管にワイヤーを手作業で通すため、医師には高度な技術が求められます。そのため治療を受けられる病院や医師が限られ、発症した場所によっては治療が遅れてしまったり、地域によっては治療が受けられない等の課題があります。

磁気でコントロールする「ロボットワイヤー」

マサチューセッツ工科大学の研究チームは、これらの課題を解決し、技術に依存せずより多くの医師に簡単に治療を行ってもらうための「ロボットワイヤー」を開発しました。
この「ロボットワイヤー」は磁気的操作でワイヤーを自由自在に動かせるため、手作業に比べて要求スキルも少なく、ワイヤー操作に比べ血管へのダメージを軽減することができます。

ニッケルチタン合金とニチノールで作られた本体は柔軟性がとても高く、曲げた時に形状を保持するハンガーとは違い形状が元に戻る特性があり、生体内での適合性の高いハイドロゲルでコーティングしてあります。
これらによって血管壁との摩擦を減らし、血管へのダメージを軽減してくれます。

Movie:MITNews

この技術はジョイスティックなどハードウェアでワイヤーを制御するため、ネットワークインフラさえあれば遠隔治療も可能になります。
本研究は開発段階であり、テストも模型のみ。今後は生体内でのテストを研究チームは望んでいるそうです。

Source:MITNews

返事を書く

Please enter your comment!
お名前はこちら